弁護士 入野田智也

ゆりかごから次のゆりかごへ
次世代へと続くサポートを
弁護士
入野田 智也 / Tomonari Irinoda
  • 弁護士
  • 税理士
  • 税務調査士
  • 3級ファイナンシャル・プランニング技能士
入野田 智也
 

相続事件に対するスタンス

相続問題というと、どのようなことを頭に思い浮かべるでしょうか。

多くの方は財産の承継を考え、税金のことや不動産のことを思い浮かべるのではないかと思いますし、相続対策というと、マンションを購入したり、生前贈与をしたりしましょう等という情報が巷に溢れています。

しかし、私は、相続というのは、単なる財産の承継だけの問題ではなく、被相続人の思いも相続人たちが受け継ぐものだと思っています。

例えばですが、以下のような相談をいただくことがあります。

 

「自分の立ち上げた会社を長男に引き継いでほしい(引き継ぎたい)」

「先祖代々の家屋やお墓を、これからも代々守っていってほしい(守っていきたい)」

 

このような相談はしばしばあり、被相続人がどのようにすれば上記のような思いを承継することができるのか、それが相続人に受け入れてもらえるのか、法律上・税金上は問題ないかなどをしっかりと精査し、遺言作成などの生前の相続対策のアドバイスをさせていただくよう心掛けています。

しかし、意外かもしれませんが、生前の対策で最も重要なことは、税金のことでも、分け方でもなく、相続人となる人たちにどのように説明しておくかです。
争いになることを防ぎ、被相続人も相続人も満足できる解決策を模索することが私の仕事だと思っています。

また、相続事件は、家族や親族同士で争うことになるのですが、近しい関係だからこそ長年の思いもあって、法律とは異なるディメンションでの争いが絶えない分野です。

法律では解決できないからこそ、そこを切り捨てるのではなく、相続人それぞれがどのような思いでどの財産を承継したいと思っているのかを聞き取り、相手方にとってもより良い問題解決のための提案をし、できる限り相続人間のわだかまりをなくすように努めています。

弁護士入野田智也このように努めているのは、相続事件が家族・親族間の問題であるからこそ、事件の真の解決のためには、単に目先の依頼者の経済的利益だけではなく、今後の依頼者と他の相続人との関係性も考慮に入れた解決をする必要があると考えているからです。

私は、依頼者と同じ思いを共有していくようにしていますが、依頼者と同じ立場で問題解決に臨むことはしません。
真の問題解決のためには、あえて依頼者の思いが本当に正しいのか、依頼者にとって良い結果をもたらすのか第三者の立場から考える必要があるためです。
私は、依頼者の代理人であって、伴走者です。

一緒に問題解決というゴールまでお供させていただきたいと思っています。

 

注 力 分 野

●個人分野 相続分野、事業承継問題
●企業分野 税務問題
●セクシュアルマイノリティ(LGBT等)に関連する問題

 

経 歴

●宮城県仙台第一高等学校 卒業
●早稲田大学政治経済学部 卒業
●慶應義塾大学大学院法務研究科 修了
●最高裁判所司法研修所 修了
●弁護士法人デイライト法律事務所 入所

 

所 属

●福岡県弁護士会
●両性の平等委員会
●LGBT委員会(事務局長)
●高齢者・障害者委員会
●行政問題委員会
●対外広報委員会
●九州北部税理士会博多支部
●LaLQ(LGBTとともに生きる弁護士の会・九州)

講演・セミナー

2018年8月1日 福岡県弁護士会研修「LGBTに関する研修会」講師
2017年11月6日 NPO法人九州くらしサポート主催「秋の終活講座」講師

syougai_in5

ブログ


「博多グルメと ときどき相続とLGBT」

 



»




なぜ弁護士に相談すべき?