「遺産分割」についてよくある相談Q&A


亡くなった父が、生前、自分の財産をすべて長男に相続させるという内容の遺言書を作成していました。 しかし、父は亡くなる10年前くらいから認知症に罹っていたため…[詳しくはこちら]

預貯金を使い込んだ妻Aが使い込みを認めた場合、遺産分割協議が可能です。適切な遺産分割協議書を作成しなければ、後々トラブルとなる可能性があります。ここでは、具体的な遺産分割協議書も紹介いたします。…[詳しくはこちら]

預貯金の使い込みを本人が認めている場合、遺産分割協議が可能です。認めていない場合は、当事者間での遺産分割協議は困難となるため、使い込んだ額が相続分を超えていない場合…[詳しくはこちら]

寄与分とは、亡くなった方の財産の維持又は増加について特別の貢献した人に、相続分以上の財産を取得させる制度です。被相続人の財産の維持又は増加に特別の寄与をしたと評価できる場合に「寄与分」として、貢献した方の相続する財産を増やすことができます。…[詳しくはこちら]

一般的に、不動産の共有を継続することはおすすめできません。現時点において問題がなくても、将来的に親族間でトラブルがあった場合、感情的な対立が生ずる危険があります。また、当該不動産の管理が大変になる等の弊害が考えられます。弁護士が詳しく解説します。…[詳しくはこちら]

交通事故の場合、被害者の方は加害者に対して、不法行為に基づく損害賠償請求が可能です。しかし、本件の場合のように、被害者の方がお亡くなりになられていると、被害者の方は請求することはできません。この内容を詳しく解説します。…[詳しくはこちら]

相続について、民法は、「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない」と規定しているため、動産も承継対象です。このことについて詳しく解説します。…[詳しくはこちら]

土地の境界について争いがある場合、昔は裁判によるしか方法がありませんでした。しかし、長い年月を要することや弁護士費用等を要することから、簡易迅速に、そして市民の負担を減少させるため、法律が改正されました。この内容を詳しく解説します。…[詳しくはこちら]

株式は、一身専属権ではありません。したがって、相続財産に含まれます。また、株式は可分債権ではありませんので、相続によって当然分割されず、各相続人が相続分に応じて共有することとなります。したがって、遺産分割の対象となります。この内容を詳しく解説します。…[詳しくはこちら]

借地権は、一身専属権ではないため相続財産に含まれます。また、借地権は可分債権ではありませんので、相続によって分割されないため、遺産分割の対象となります。借地権は遺産として認識しづらく遺産分割の対象から漏れてしまいことがあるので気をつけなければなりません。…[詳しくはこちら]

賃貸用マンション、自宅不動産、預貯金については、「被相続人の財産」といえるので、相続することが可能です。…[詳しくはこちら]

ゴルフ会員権には、その種類や内容によって一身専属権であるものと、そうではないものがあります。まず、種類としては、預託会員制、株主会員制、社団法人制の3種類があります。…[詳しくはこちら]

葬式の費用は、本来、遺産ではありません。
また、その費用の負担については、裁判実務においても判断が分かれています。…[詳しくはこちら]

被相続人(亡くなった方)が祭祀承継者を指定したという事情はありません。また、慣習の有無については不明です。そのため、上記の民法の規定からは、祭祀の承継は家裁が決めることになりそうです。…[詳しくはこちら]

被相続人(亡夫)の貸金債権は、給付が可分である以上(このような債権のことを「可分債権」といいます。)、相続開始時(夫の死亡時)に当然分割され、各相続人に法定相続分に応じて帰属することになるため、遺産分割の対象にならないと考えられま[詳しくはこちら]


なぜ弁護士に相談すべき?