祖父母の代襲相続人となりました。介護実績は考慮されますか?



悩む夫婦のイメージイラスト相談者:Aさん

母方の祖父が死亡し、先だった母に代わり、私が代襲相続人となりました。

亡くなった母と私、そして私の配偶者はずっと祖父の介護をしていました。

その分は相続にあたって考慮されないのでしょうか?

介護の内容が、親子の扶養義務として当然に期待される範囲を超える特別な貢献である必要がありますが、もし特別な貢献といえるのであれば、Aさんのお母さんによる介護も、Aさんによる介護も、寄与分として考慮されることがあります。

また、Aさんの配偶者の貢献についても、Aさんが介護をしていたので、Aさんの貢献の一部として考慮される可能性はあります。

 

1 介護は特別の貢献といえる?

解説する男性のイメージイラスト

相続人の一人が被相続人の介護をしており、他の相続人は全く被相続人の世話をしなかったということはよくあります。

そして、このような場合に、介護をした自分と介護をしていない他の相続人を同様に扱うことには納得がいかず、自分の貢献を相続にあたって考慮してほしいという気持ちがあることはよく分かります。

しかし、法律上、親の介護をしても、それは扶養義務の範囲だとされることが多く、いくら他の相続人が一切介護等面倒を見ていなかったとしても、寄与分として認められないということは往々にしてあることです。

⑴ 特別な貢献といえるか?

介護のイラスト特別な貢献といえるかについては、その内容が専従とはいえなくとも、片手間でない程度には面倒を見ていることが必要となります。

その程度については、配偶者は協力扶助義務という高度の義務を負っているので、子どもや孫が介護等する場合よりも特別な貢献は認められにくくなっています。

また、介護等がどれだけ必要かどうかその必要性の程度も加味して特別な貢献といえるかを判断するとされています。

 

月日のイメージイラストそして、内容だけではなく、相当な期間その面倒を見ていることが必要になります。

1年以上あれば考慮されることが多いように思われます。

これらの、介護の内容や期間、必要性などを総合的に考慮して特別な貢献といえるかが決まりますが、その判断は容易ではありません。

なお、単に入院していた祖父を見舞に行ったり、物を届けていたりという程度では、特別の貢献とされることはありません。

 

⑵ 貢献が無償であり、財産が維持されたこと

車椅子の女性のイラスト

特別な貢献だとしても、それが無償か、それに近い状態である必要があります。

そして、特別な貢献にあたるだけでは足りず、この特別な貢献によって被相続人の財産が維持されたことが必要なのです。

 

基本的には面倒を見ることによって維持された財産というのは、介護を頼んだ場合にはかかった費用であると考えられます。

この費用は介護保険における介護報酬基準というものを用いて算定を行うことが多いようですが、個別的な事情も加味して算定をしています。

 

2 誰の介護が考慮されるか

悩む女性のイメージイラスト

Aさんの母(被代襲者といいます)の貢献は、考慮されることに特に争いはありません。

一方、Aさんは代襲相続人なので、Aさんの母が亡くなって代襲相続人となることが決まる前の貢献については、寄与分として考慮されないのではないかという疑問が生じます。

この点については、代襲相続人となる前でも考慮されると考えるのが一般的だと思われます。

また、直接の相続人ではないAさんの配偶者の貢献は、それ自体が寄与分として認められるわけではないのですが、Aさんの貢献の一部として考慮される可能性はあるのです。

一方、Aさんが特に介護をしておらず、配偶者だけが介護等を行っていた場合には、残念ですが基本的に寄与分として認められることはありません。

 

解説する男性のイメージイラストどの程度の介護であれば寄与分となるのか、誰の行った介護が考慮されるのか、その判断は専門家である弁護士でも困難を伴います。

寄与分について、詳しくはこちらをごらんください。

当事務所では、相続に特化した弁護士も在籍しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

弁護士への相談はこちらからどうぞ。

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]