特別受益がある場合、相続分はどのように計算しますか?



事案

悩む女性のイメージイラスト母が亡くなりました。相続人は、私と兄の2人です。
母の生前、兄は結婚するときに500万円を母からもらっていたようですが、まだ結婚していない私は、母からそのような援助を受けたことはありません。
母が残した遺産は総額1200万円です。
この遺産を、母の生前、兄が受け取った500万円を考慮せずに平等に分けると、私としては不公平に感じます。
兄と私の法定相続分を考える場合、兄が生前母から受け取った500万円はどのように考慮されるのでしょうか。

 

解説する男性のイメージイラストあなたのお兄さんは、あなたの母親の生前、婚姻のために500万円の贈与を受けています。これは生前贈与に該当します。

生前贈与や遺贈は、特別受益と呼ばれ、相続人による持ち戻し免除の意思表示がない限り、相続財産に持ち戻しを行い、相続分を計算することになります。

 

今回の事案では、まず、お兄さんが生前受け取った500万円を、残された遺産の総額に加えます。したがって、遺産の総額は1700万円ということになります。

お兄さんとあなたしか相続人がいない場合、相続分はそれぞれ2分の1になりますので、850万円をそれぞれが相続する権利があります。

もっとも、お兄さんは生前贈与により既に500万円を受け取っていますので、現在残された遺産1200万円からお兄さんが受け取ることができるのは350万円となります。残る850万円をあなたが相続により受け取ることになります。

 

解説する男性のイメージイラストこのように、遺贈や生前贈与があった場合、そのことを考慮せずに相続分を定めると、本来法律が相続人間での不公平が生じないように相続分を定めた趣旨が没却されることになりかねませんので、持ち戻しを行うことが定められています。

ただし、先述の通り、被相続人により、その生前贈与や遺贈が相続と関係ない旨の持ち戻し免除の意思表示が行われると、被相続人の意思が尊重され、遺留分を侵害しない範囲で持ち戻しを行うことができなくなります。

相続に際し、特定の相続人に対する生前贈与や遺贈がある場合、相続分の計算はより複雑になります。

>> 特別受益について詳しくはこちらをご覧ください。

相続分に関するお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度、相続専門の弁護士にご相談されることをおすすめします。

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]