腹違いの兄弟の相続はどうなる?異母兄弟について相続弁護士が解説!



悩む女性腹違いの兄弟がいる場合の相続分はどうなる?

腹違いの兄弟の相続に納得できない

事前に腹違いの兄弟との相続トラブルを回避したい

弁護士小村当事務所の相続対策チームには、このようなご相談が多く寄せられています。

腹違いの兄弟がいる場合、相続分が複雑化する上、相続人間での感情的な対立が激化しやすく、素人の方だけでの解決は難しくなります。

相続が「争族」となる前に、当事務所までお気軽にご相談ください。

腹違いの兄弟とは

腹違いの兄弟とは、母親(又は父親)が異なる兄弟をいいます。

相続が発生した段階になってから、異母(異父)兄弟の存在が発覚するケースがあります。

例えば、父親が昔、離婚した際、その前妻との間に幼い子ども(A)がいて、その後再婚して、2人の子ども(B、C)を授かったケースを見てみましょう。

解説例この事案の場合、AとBCは、母親が異なる、腹違いの兄弟となります。

このような事案の場合、AとBCはお互いの存在を知らないことがあります。

ところがある日、父が高齢で亡くなったとします。

遺産分割協議はすべての相続人との間で行う必要があります。

そこで、遺産分割においては、まず、相続人の範囲を確定するため、過去の戸籍をたどって相続人の有無を調査します。BやCが相続人を調査する過程で、異母兄弟のAがいることが発覚しました。

女性そして、Aが相続権を主張してきたとします。

BやCからすれば、たとえAが父と血がつながっていたとしても、大昔に縁が切れているような者が突然、父の遺産取得を主張してくると納得できないでしょう。

他方で、Aとしても、父の記憶がなかったとしても、やはり自分の父親の遺産である以上、正当な権利を主張したいと考えてもおかしくありません。

BやCから非難されるいわれはないと考えるでしょう。

このような感情的な対立から、腹違いの相続問題は複雑化していくことがあります。

 

 

腹違いの兄弟の相続分は?

法定相続分について、民法900条は以下のとおり規定しています。

(法定相続分)
第900条 同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。
1 子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする。
2 配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、3分の2とし、直系尊属の相続分は、3分の1とする。
3 配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、4分の3とし、兄弟姉妹の相続分は、4分の1とする。
4 子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1とする。

では、腹違いの兄弟の場合はどうなるでしょうか?

具体例の方がわかりやすいので、上記の事例で解説します。

 

父が亡くなった場合

解説例この場合の法定相続分は、母が2分の1です。

子どもの法定相続分は2分の1ですが、3人いますので、6分の1となります。

1/2÷3=1/6

前妻はもらえないのか?と思われるかもしれませんが、離婚しているので配偶者ではなく、法定相続分はありません。

前妻が亡くなった場合

解説例前妻は再婚しておらず、Aの他に子どももいません。

したがって、この場合は、Aが前妻の全財産を相続します。

父と母が既に他界している場合:Bが亡くなった場合

解説例Bに配偶者や子どももいない場合、Bが亡くなれば、AとCが相続人になります。

しかし、腹違いの兄弟であるため、民法900条4号但書(父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1とする)によって、Aの法定相続分はCの2分の1となります。

したがって、Aが3分の1、Cが3分の2となります。

父と母が既に他界している場合:Cが亡くなった場合でCに妻子がいる場合

解説例Cが亡くなった場合、兄弟ではなく、優先順位の高い配偶者と子が相続人となります(民法900条1号、それぞれの法定相続分は2分の1)。
そのため、腹違いの兄弟の問題は生じません。

ところが、上記のケースで、もし、Cに子どもがいない場合はどうなるでしょうか?

この場合、相続人は、民法900条3号によって、「配偶者の相続分は4分の3とし、兄弟姉妹の相続分は4分の1」となります。

そのため、Cの妻の相続分は4分の3となります。

AとBについては、残りの4分の1をわけることになりますが、腹違いのAの法定相続分はBの2分の1です。したがって、Aの法定相続分が12分の1、Bの法定相続分が12分の2(6分の1)となります。

 

 

異母兄弟の相続の問題点

悩む三姉妹上記のとおり、異母兄弟の相続は、法定相続分の算出も複雑です。これに感情的な対立が生じると、紛争に発展する可能性があります。

そのため、相続が発生する前に、遺言書を作成するなどの早期の相続対策が必要となります。

また、相続が発生した後の場合、話し合いが難航することが予想されます。

 

 

当事務所の相続対策チームのサポート

当事務所では、相続問題については、相続に精通した弁護士がチームを構成してサポートしています。

 

遺言書作成サポート

弁護士小村良之相続発生前の場合、ご本人の想いを残すために、遺言書の作成をサポートします。

 

遺産分割サポート

話し合い当事者同士では話し合いにならない場合、弁護士に任せることで、協議がスムーズに行く可能性があります。専門家が本人に代わって、相手方と交渉することで、相手方が納得してくれたり、冷静になってくれることがあるからです。

当事務所では、遺産分割協議について、代理人となって相手方と交渉するサポートを提供しています。

 

無料法律相談

弁護士入野田智也法定相続分の算出、遺産分割の進め方、相続税など、相続に関する難しい問題について、相続弁護士がわかりやすく解説します。相続に関する相談は、初回無料で行っています。

相続については、当事務所までお気軽にご相談ください。

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]
 

弁護士が教える!相続お悩み別解説



なぜ弁護士に相談すべき?