斜線で訂正された、訂正印のない遺言書。この遺言は有効ですか?



夫が亡くなり、自筆で書いた遺言書を発見しました。

遺言書生前に夫に遺言書を見せてもらった際には、「すべての財産を妻のAに相続させる。」と書いてありましたが、夫は後に「妻のA」の部分に斜線が引き、「子のB」と訂正していました。

訂正印などはないのですがこの遺言は有効なのでしょうか?

有効だとすれば遺産は私Aが相続するのでしょうか、子どものBが相続するのでしょうか?

 

 

 

弁護士入野田智也遺言は、他に不備がなければ有効です。

誰が相続するかですが、訂正部分については、法律に定められた訂正の方式をとっていないため、訂正がなかったものとして扱われるので、Aさんがすべての財産を相続できることになります。

もっとも、Bには遺留分がありますので、Bが遺留分を請求してきた場合には、夫の財産をBにも一部渡す必要があります。

 

遺言書の訂正方法と効力

自筆で書いた遺言書の訂正

自筆で書かれた遺言書の場合、その内容を一部削除したり、修正するには、民法で規定された厳格な方式で行う必要があります(これを法律では「加除その他の変更」と呼んでいます)。

民法には、以下のとおり、修正の方法が記載されています。

「自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。」

六法全書つまり、

① その場所を指示すること
② 変更した旨を付記すること
③ 付記部分に署名すること
④ 変更場所に印を押すこと

が必要になります。

 

方式に従わなかった場合の効力

加除その他の変更に際し、上記の方式に従わない場合でも、遺言書自体が無効になるわけではありません。

訂正した元の部分が読めるのであれば、その部分を含めて有効な遺言として扱われますが、訂正部分については効力が生じません。

弁護士相談者の場合、「妻のA」が読めるのであれば、妻のAが全ての財産を相続することになります。

もっとも、訂正部分(「妻のA」の部分)が読み取れない場合には、その条文自体が無効となってしまいます。

なお、Aさんはすべての財産を相続しますが、Bさんも遺留分があるため、Bが遺留分減殺請求をしてきた場合には、Bに財産の一部を渡す必要があります。

 

具体的な記載例

では、具体的にはどのように修正すればよかったのでしょうか。

具体的には、下記のように訂正を行う必要があります。

遺言書

第1条 すべての財産を妻のAに相続させる。
第2条 祭祀を主宰すべき者として子のBを指定する。

平成〇〇年×月△日
遺言者 □□□ ㊞

 

遺言書

            子のB ㊞※
第1条 すべての財産を妻のAに相続させる。
第2条 祭祀を主宰すべき者として子のBを指定する。

平成〇〇年×月△日
遺言者 □□□ ㊞

本遺言書第1条の1行目の「妻のA」とあるのを「子のB」と訂正した。
遺言者 □□□ (←署名してください)

※署名の横に押した同じ印鑑で押印してください

 

 

まとめ

以上のとおり、遺言書は、厳格な方式が定められており、その訂正や削除なども法律で決められた方法によらないと効力が生じないことになっています。

そのため、もし遺言書の一部を訂正したり削除したいという場合には、再度遺言書を書き直すのがよいでしょう。

また、遺言者としては、相続人の遺留分も考慮した遺言書を作成することで、相続人が争いに巻き込まれないようにしたほうがよいでしょう。

筆跡遺言書は、自己の思いを相続人らに伝える最後の文章です。

その思いが効力を生じなかったり、相続人らの紛争を招くとすれば、遺言者の意思にはそぐわないことになってしまいます。

まずはどのような思いを持っているのか、どのような遺言にしたいのかを当事務所の弁護士にご相談ください。

思いを最大限に実現できる遺言書の作成をお手伝いいたします。

 

 


[ 相続Q&A一覧に戻る ]
 

弁護士が教える!相続お悩み別解説