離婚後、話し合うはずだった財産分与。私が父に対し財産分与請求を相続できる?



悩む女性先日母両親が離婚をしたのですが、財産分与は離婚後に話し合うことになっていたそうです。

しかし、両親が話し合おうとしたその矢先、母は交通事故で亡くなってしまいました。

相続人は子供の私だけだったのですが、私は母の父に対する財産分与請求を相続できるのでしょうか。

 

 

弁護士小野佳奈子考え方は分かれていますが、少なくとも清算的財産分与及び慰謝料的財産分与の請求権については相続できるとされています。

一方、扶養的財産分与請求権については、相続されないと考えるのが一般的です。

 

離婚後の母の死亡による財産分与請求権の相続

財産分与の意義

一口に財産分与と言っても、以下の3つの要素が含まれていると言われています。

お金① 清算的財産分与
② 慰謝料的財産分与
③ 扶養的財産分与

ノートと電卓①は、婚姻期間中に夫婦で形成した夫婦の共同財産を離婚の際に清算するという要素であり、純粋な財産的問題であるといわれています。

②は、離婚原因をつくった場合に、その原因に対する慰謝料的な要素であり、これも財産的問題とされています。

③は、離婚後は夫婦ではなくなるので、扶養義務はなくなりますが、一方が主婦であった場合など収入がすぐに得られない場合などに、一定の期間の扶養の面をもった財産分与が認められるとされています。

これは、夫婦関係という身分関係から生じるもので、財産的な問題ではなく、妻ないし夫であることから認められた一身専属的権利と考えられています。

 

財産分与請求権は相続されるのか

財産分与請求権には、上記の3つの要素がありますが、相続にあたってはその要素ごとに考えるのが一般的です。

まず、①については、夫婦で築いた財産を分けるというものですから、財産的な権利であり、相続されます。

次に、②についても、慰謝料という金銭の問題なので、基本的には相続されると考えられます。

最後に、③ですが、扶養というのは夫婦関係という身分に基づいて認められるものですので、一身専属的であるということは前述のとおりです。そのため、相続はされないと考えるのが一般的です。

もっとも、大分地判昭和62年7月14日の裁判例は、③についても、相続されるとしていますので、必ずしも相続されないということではないでしょう。

弁護士宮崎晃これらの要素については、理論上は分けていますが、切り分けるのが難しい面もあります。また、財産分与は様々な法的・事実の問題があり、専門的知識が不可欠です。

当事務所では、それぞれの弁護士が専門分野を持っており、財産分与の相続については、離婚を専門とする弁護士と相続を専門とする弁護士が連携して解決をすることができます。

まずは、当事務所に一度ご相談に来てください。

 

 

関連Q&A

 

 


[ 相続Q&A一覧に戻る ]