父の遺産がどのくらいあるのかわかりません。借金があるのではないかと心配です。調査方法はないのでしょうか?



不安な女性先日、父が亡くなったのですが、父は田舎で一人で事業をしており、私を含め相続人の誰も数年間交流を持っていませんでした。

そのため、父の遺産がどのくらいあるのかわかりません。

特に、父は個人事業を営んでいたので、借金があるのではないかと心配です。

借金を調査する方法はないのでしょうか?

 

 

弁護士小野佳奈子借金を調査することは容易ではありません。

しかし、①預貯金通帳を見ること、②金融機関からの通知や記録した手帳などがないかを探すこと、③不動産の登記事項証明書を見ること、④顧問税理士がいたのであればその税理士からヒアリングすることなどの方法により、ある程度は借金があるかどうかがわかります。

 

 

被相続人の債務の調査

遺産の把握状況

相続税別居している親などが亡くなった場合、交流があった場合でも、遺産をすべて把握している相続人はほとんどいませんし、交流がなかった場合は尚更です。

なぜなら、親としては、子どもから財産を頼られたら困るという想いや借金があることは知られたくないと思うことがしばしばだからです。

では、どのように遺産を探すことになるでしょうか。

遺産全般の探し方について、詳しくはこちらをご覧ください。

このページでは、借金に特化した探し方をお教えします。

 

家の中を探す

家の写真借金の探し方ですが、法的に借金をすべて探す方法など、魔法のような方法はありません。そのため、地道に資料を集めて、借金があるかを判断するしかないのです。

では、その第一歩ですが、まずは家の中の遺品を整理することから始めます。

これは、預貯金通帳や、金融機関からの通知、亡くなったからの手帳、不動産の権利証や不動産登記事項証明書などの借金を示す可能性のある資料を探すことに他なりません。

 

それぞれの資料の見方

①通帳

預貯金まず、①預金通帳ですが、預金通帳からの引き落としや振込先を見ることで、カード会社などの取引先が分かることが多いのです。

この場合、通帳に記載されているのは一部の取引ですから、その通帳の金融機関に対し、取引明細書を請求して、過去の取引をしっかりと見ましょう。10年程度の取引履歴は開示してもらえます。

②金融機関からの通知又は手帳

書類借金をしている金融機関からの通知が残っていたり、手帳や帳簿などにどこの金融機関から借りたかが書いてあることがしばしばあります。

タンスや机の引き出しなどをしっかりと探しましょう。

③不動産登記事項証明書

登記簿不動産登記事項証明書の乙欄を見てもらうと、抵当権が設定されているかが分かり、不動産のローンがあるのかどうか、どこから借りているかがわかります。

また、抵当権が付いていない場合でも、不動産登記事項証明書などと一緒に契約書が残されている場合も多いので、その場合には契約時に仲介や媒介をした不動産業者が分かります。

不動産業者が、亡くなった方の借金について知っていることもあるので、当該不動産業者に問い合わせてみるのも良いと思います。

 

税理士に聞く

個人事業をしている方が亡くなった場合、顧問税理士がいることがしばしばあります。

税理士は、事業についての情報を把握しているので、個人的な借金でなければ、税理士からヒアリングして借金の有無はわかるといえます。

 

 

最後に

相続の相談に来る方で、亡くなった方の遺産がわからないという方は多くいらっしゃいます。しかし、遺産全てを一瞬で把握できるような方法はありません。

そのため、専門家である弁護士などにどのように探すべきか、資料をどのように見るべきかといったことを相談・依頼するというのも一つの手です。

遺言書また、自分が死んだときに相続人に迷惑をかけないために、自分の遺産を目録として作成しておくということも大切です。この場合、合わせて遺言も作成することで、相続において生じる問題を回避することが可能となります。

相続時には、他にも相続人の調査や遺産分割など難しい問題が山積していますので、まずは弁護士に相談することをおすすめします。

当事務所では、相続に特化した弁護士が相談対応しますので、気軽にご相談ください。

 

 

関連Q&A

 

 


[ 相続Q&A一覧に戻る ]