子どもが相続放棄した場合、他の親族が借金を引き継ぐ?



弁護士小村良之亡くなられた方に多額の借金があったため、その子どもが相続放棄をしたという場合、次順位の相続人は、相続放棄をしない限り、亡くなられた方の借金を引き継ぐことになります。

相続放棄の問題点

お金ある相続人が相続放棄をしたことによって、新たに相続人となる人物が存在する場合があります。

相続放棄がなされる場合、プラスの財産よりもマイナスの財産が多いことがほとんどですので、新たに相続人となる人物も、相続放棄をすべきか否かについてきちんと検討すべきです。

しかし、通常の相続の場合と違い、ある相続人が相続放棄をした場合に誰が相続人になるのかについては、一般にあまりよく理解されていません。

そのため、新たに相続人となった者が、相続放棄をすべきかどうかについて全く検討しないまま長い年月が経過していることが多々見受けられます。

相続放棄をできる期間には制限があり(相続放棄ができる期間についてはこちらをご覧ください。)、気が付くと相続放棄をすることができないという状況になりかねないことから、自分が相続人となったかどうかをきちんと把握しておくことは極めて重要です。

 

 

相続順位の考え方

まず、相続が生じた場合、以下の順位で相続人が決定されます(民法887条、889条)。

家族① 子(孫等の代襲相続人を含みます。)
② 父母、祖父母などの直系尊属(親等の近いものが優先されます。)
③ 兄弟姉妹(代襲相続人である甥、姪を含みます。)
※配偶者は常に相続人となります(民法890条)。

 

相続放棄があった場合にどうなるか

先順位の相続人が相続放棄をした場合、次順位の相続人が新たに相続人となります。

例えば、被相続人の子全員(①)が相続放棄をした場合、被相続人の父母(②)が相続人となります。

また、被相続人の父母などの直系尊属(②)が相続放棄した場合には、被相続人の兄弟姉妹(③)が相続人となります。

なお、この場合の相続放棄は、新たに相続人となった者が、先順位者が相続放棄したことを知った後、3か月以内に手続きを行う必要があります。

 

間違いやすい事例

以下では、間違われる方が多い、直系尊属が相続放棄した場合と直系卑属が相続放棄した場合について解説します。

直系尊属(父母、祖父母等)が相続放棄した場合

被相続人の父母(②)が相続放棄した場合、次に相続人となるのは兄弟姉妹(③)ではなく、祖父母(②)です。また、祖父母が相続放棄をした場合に次に相続人となるのは曾祖父母(②)になります。

そのため、被相続人の父母が相続放棄をした場合、もし被相続人の祖父母がご存命であれば、祖父母は、相続放棄するかどうかを検討しなければなりません。

直系卑属(子、孫等)が相続放棄した場合

被相続人の子(①)が相続放棄した場合、その者の子、すなわち、被相続人からみた孫(①)が代襲相続するわけではありません(民法887条)。したがって、被相続人の子など直系卑属が相続放棄した場合、新たに相続人となるのは被相続人の孫(①)ではなく、次順位の相続人である被相続人の直系尊属(②)です。

直系尊属(②)がすでに亡くなられている場合には、兄弟姉妹(③)が新たに相続人になります。

※兄弟姉妹が相続放棄した場合も同様に、甥や姪が代襲相続することにはなりません。

 

弁護士小村以上のように、誰が相続人になるのかという点については、少しややこしい部分があるため、相続放棄を検討する際には、相続問題に詳しい弁護士に相談されることをお勧めします。

当事務所には相続対策チームがあり、相続放棄に悩む人々に専門的な助言を行っています。まずはお気軽にご相談ください。

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]
 

弁護士が教える!相続お悩み別解説



なぜ弁護士に相談すべき?