遺産分割がまとまりません。どうすればよいですか?



answer

裁判などのイメージイラスト弁護士や家庭裁判所などの専門機関を利用しましょう。

相続は争族であるとも呼ばれる昨今、遺産分割協議がスムーズに進まないケースは少なくありません。相続問題を契機に、これまでの家族間の不満が爆発するケースも多く、まためぼしい財産が不動産しかないような場合には、それをどう分けるのか、多くの相続人が頭を抱えます。

裁判などのイメージイラスト特に弁護士などの専門家の介入がない場合には、当事者同士の話し合いになりますので、感情と感情のぶつけ合いになり、冷静な話し合いができないこともあります。

そのような場合は、ぜひ一度、相続専門の弁護士に相談してみてください。

弁護士が介入することで、当事者は直接話をせずに済み、大きなストレスから解放されます。また、専門家の話を取り入れながら冷静に話し合うことが可能になり、迅速な解決が期待できます。

裁判などのイメージイラストまた、家庭裁判所で調停・審判手続を行うという方法も考えられます。

家庭裁判所では、多くの場合まずは遺産分割の調停から始まります。調停では、調停委員2人が話を聞き、担当の裁判官と調停委員会を構成して、調停の場での話し合いでの解決の余地を探ります。

調停は、通常一つの調停の部屋に当事者が交互に入って話をする方法で進行しますので、当事者同士が顔を合わせずに済むのもメリットの1つです。

裁判などのイメージイラスト調停での折り合いがつかない場合には、遺産分割調停は審判手続に移行します。

審判手続では、調停であらわれた事実を踏まえ、場合によってはさらに当事者の話を聞くなどしたうえで、決定を出します。

この決定に不服がある場合は、当事者は不服申立ての手続を行うことが可能です。

裁判などのイメージイラスト調停、審判手続は、弁護士に依頼することなく利用することも可能ですが、遺産分割手続は高度に専門性の高い事案も多く、当事者だけでその法律問題を理解し、妥当な解決策を見出すことが非常に難しい場合もあります。

したがって、調停・審判手続きを利用する場合にも、弁護士にご相談されることをおすすめします。

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]