抵当権がついた遺産の分割方法は?



事案

悩む夫婦のイメージイラスト父が亡くなり、遺産を家族で分けることになりました。
父の財産の一つに不動産があるのですが、父が生前金融機関から借りたお金の担保として抵当権がついています。父の借金ももう少し残っています。
この抵当権がついた不動産をどう分けるか、家族みんなで悩んでいます。

 

解説する男性のイメージイラスト抵当権が付いた不動産の分割方法についてはいくつか考えられます。

今回は、お父さんが金融機関から借りたお金の担保として抵当権がついているので、被担保債務の名義もお父さんであり、債務も相続の対象となっています。

債務は、相続と同時に、法定相続分の割合に従い当然に各相続人に帰属します。

そうであるからといって、抵当権のついた不動産も、法定相続分の割合に従い、皆で相続する必要はありません。抵当権付きの不動産を誰か一人が相続することももちろん可能です。しかしその後抵当権が行使されてしまうと、その相続人は不動産を失ってしまいます。それと同時に、その不動産をもって、本来他の相続人が法定相続分の割合に従い相続した債務を、当該不動産を相続した相続人が代わりに支払ったことになります。そのため、他の相続人に対し、代わりに債務を支払ったことを理由に求償権を行使することが可能です。

また、遺産分割協議において、不動産を相続する者が残る債務も負担する旨取り決め、不動産の評価額から残る債務を引いた額をその不動産の価値として分割協議のなかで評価する方法も考えられます。

 

なお、今回のケースとは別に、被担保債務が第三者名義である場合、被担保債務の債務者が十分な資力をもっているかどうかで、不動産をどう評価すべきかが変わります。

価値の無い家のイメージイラスト被担保債務の債務者に資力があるのであれば、もし後に抵当権を行使され、不動産が失われたとしても、不動産を相続した者が債務者に求償権を行使することが可能です。そこで、被担保債務について考慮に入れず不動産を評価し、のちに抵当権を行使された場合には、不動産を相続したものが被担保債務の債務者に求償する方法が考えられます。

これに対して被担保債務の債務者に資力がない場合には、抵当権が行使された後に求償権を行使しても回収することが困難となりますので、はじめから被担保債務の残額を不動産評価額から控除した価額で、遺産分割協議を行うべきといえます。

 

遺産である不動産に抵当権がついている場合には、将来の抵当権行使の可能性も踏まえて遺産分割協議を行う必要があります。

抵当権のついた不動産の遺産分割についてお困りの方は、ぜひ一度、当事務所にご相談ください。

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]