遺産分割を禁止することはできますか?



answer

5年を超えない範囲で、遺産分割を禁止することが可能な場合があります。

被相続人が死亡した後、相続人は遺産分割協議を行うことになります。

しかし、遺産によっては、その時点ですぐに分割協議を行うのが妥当でない場合があります。

また、相続人や遺産が確定していなかったりして、すぐに行うのが困難な場合もあります。

 

手続のイメージ画像そこで、遺産分割については、5年を超えない範囲で分割協議を禁止することが可能とされています。

これは、被相続人が遺言で行うことも可能ですし、また相続人が協議して遺産分割禁止の合意を結ぶことも可能です。

相続人が協議して遺産分割の禁止を決める場合も禁止の期間は5年を超えることはできませんが、5年後に再度5年を超えない範囲で更新することは可能とされています。

 

相続人間で遺産分割の禁止について合意ができない場合は、遺産分割禁止の調停を家庭裁判所に申立て、それでも合意が成立しなければ、裁判所に遺産分割禁止の審判を出してもらいます。

 

裁判所が遺産分割禁止の審判を出すには、遺産分割を禁止する特別の事由が必要です。

この特別の事由には、たとえば被相続人の死亡後、死後認知の訴えが提起されているなどして相続人が確定していない場合や、遺産が確定していない場合などが含まれます。

また、遺産の対象となる財産が裁判で所有権を争われていたり、不動産の境界が争われていたりと係争中である場合も、これに含まれる可能性があります。

 

遺産分割禁止の審判では、審判の申し立てを受けてから5年を超えない範囲に限定して出されることになります。

 

裁判例のイメージイラスト

遺産分割が禁止されるのは、上記のとおり、原則5年間となります。

その趣旨は、無制限に遺産分割が禁止されることで、遺産が誰のものになるかもわからない不安定な状態を長期にわたり継続させるのは妥当でないと考えられているからです。

 

このように、限定的ではありますが、遺産分割を禁止することは可能です。

遺産の性質やそのときの状況から、遺産分割を禁止したいがどうしてよいかわからないとお困りの方は、ぜひ一度、当事務所にご相談ください。

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]