法定相続分とは異なる遺産分割はできますか?



answer

法定相続分とは異なる遺産分割を行うことも可能です。

解説する男性のイメージイラスト被相続人の死後、被相続人に属した一切の権利義務関係は、相続人に相続されます。

誰が相続人となるかは法律で決められており、被相続人の家族関係によっては複数の相続人が発生する可能性があります。

複数の相続人が被相続人を相続した場合、各相続人が法律上どのくらい遺産に対する持分があるかも法律で定められています。これを法定相続分といいます。

たとえば、相続人である夫が死亡し、妻と子2人が相続人となった場合、妻の法定相続分は2分の1、子の相続分は、残る2分の1を2人で等分し、それぞれ4分の1になります。

また、相続人である夫が死亡し、妻と夫の両親が相続人となった場合、妻の相続分は3分の2、夫の両親の相続分は残る3分の1を2人で等分し、それぞれ6分の1です。

 

このように、法律上定められた相続分はありますが、相続人はこれに絶対的に縛られるわけではありません。

被相続人が亡くなった後行われる遺産分割協議の場において、すべての相続人が合意するのであれば、法定相続分と異なる遺産分割を行うことも可能です。

たとえば、高齢の夫、高齢の妻、息子2人の家族について考えてみます。
高齢の夫が自宅である土地建物のみを残した死亡した場合、法定相続分は妻が2分の1、息子たちがそれぞれ4分の1です。

もっとも、その土地建物に夫の生前から現在までずっと暮らし続ける妻が土地建物をすべて相続することに息子たちが合意することも十分考えられます。
そのような場合、妻が夫の全財産である土地建物を1人で相続することができます。

弁護士小野佳奈子のイメージ画像

 

民法においても、遺産分割は、「遺産に属する物又は権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮して」行わなければならないと定められており、様々な事情を考慮して行われるべきものであることが明記されています。

仮に、相応の理由により遺産を多く取得することを希望する者がおり、これに他の相続人が合意しない場合には、それを希望する相続人は遺産分割調停を家庭裁判所に申し立てることになります。

 

このように、遺産分割協議は、法定相続分に縛られず、柔軟に行うことが可能ですが、相続人の1人が遺産の大半を相続するとなると、不公平に感じた相続人との間に争いが起きることも少なくありません。

遺産分割についてお困りの方は、ぜひ一度、当事務所にご相談ください。

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]