不動産はどのように遺産分割するのですか?



answer

不動産の分割方法は、大きく分けて4つあります。

解説するイメージイラスト平成24年の国税統計年報によると、相続税の課税対象者の相続財産の内訳の約5割を不動産が占めています。この数字からも、不動産が遺産の一部として遺産分割の対象となる可能性の高さをうかがうことができます。

不動産しか遺産がない場合や、遺産である不動産に相続人の一人が居住している場合は、特に遺産分割方法について争いになることがあります。

そこで、ここでは、不動産の分割方法についてご紹介いたします。

 

①現物分割

分割方法解説イラスト共同相続人が、現物をそのまま分けて分割する、一番わかりやすい方法です。

例えば2筆ある土地を1筆ずつ取得したり、1筆の土地を分筆するなどの方法です。

 

②代償分割

分割方法解説イラスト遺産を多く受け取った人が、その分代償金を他の相続人に支払って調整する分割方法をいいます。

現物分割できないときに、一番合理的な解決が期待できる方法といえますが、遺産を多く受け取った相続人が代償金を準備できないときはこの方法を使うことがそもそもできません。

 

③換価分割

分割方法解説イラスト遺産を売却して、得た代金を分割する方法をいいます。

遺産である不動産を取得することを希望しても代償金が準備できないときは、この方法に頼ることもあります。

しかし、相続人全員が合意しなければこの手続を進めることはできませんので、合意ができない場合には、家庭裁判所に審判の申し立てをし、換価命令を得なければなりません。

 

④共有分割

分割方法解説イラスト当該不動産を法定相続分などの割合で持ち分を決め、共有名義とすることを言います。

一見すると簡明な手続ですが、共有者の一人が死亡すると、その人を相続する複数の相続人が共有者となり、権利関係がどんどん複雑になることもあります。

不動産の分割方法としてどの方法が一番適しているかは、個別具体的に判断する必要があります。

不動産の分割の場面でお困りの方は、ぜひ一度、相続専門の弁護士にご相談されることをおすすめします。

 

関連Q&A

 


[ 相続Q&A一覧に戻る ]