当初の提示より、取得分を100万円増加させることができたXさんの事例


状況

被相続人 80歳で死亡(男性Aさん) 遺産:不動産及び預貯金650万円程度
相続人 子どもXさん、Bさん、Cさん、Yさん
相談者 Xさん

 

 

相談の経過

葬儀Xさんは、父親のAさんが死亡し、相続人となり、その連絡をAさんの後妻の子どもYさんから受けました。

しかし、Yさんは、Aさんの相続財産が650万円程度あり、Xさんの相続分が160万円あるにも関わらず、100万円もすくない60万円強しか取得しない遺産分割案を提示してきました。

そこで、Yさんの提示に納得できないXさんは、今後のことについて、弁護士に相談しました。

 

 

弁護士の関わり

Xさんから相談を受けた弁護士は、まずは財産について、Yさんが提示した預貯金額や不動産の評価額が正しいかを調査や査定をした上、Yさんとの遺産分割協議をすることにしました。

調査遺産については、調査したところ、預貯金は正しく、不動産の評価額についてもむしろ高い額であることがわかりました。そのため、遺産について、Xさんはしっかりと納得をして、遺産分割協議に臨むことができました。

また、弁護士は、遺産が650万円あるため、そのうちのXさんの相続分である160万円程度を主張しました。そうしたところ、Yさんもその額を認め、受任より2か月程度で当初より100万円も多い額で解決をすることができました。

 

 

補足

遺産分割協議書

遺産分割にあたっては、相手方が法定相続分を無視した内容を提示してきたり、不動産について評価額に疑問があるような場合があります。

そのような場合には、弁護士が被相続人の預貯金を調査したり、不動産の時価について査定をとって遺産の額を確定する作業を行います。この作業は自分で行おうとすると煩雑ですが、当事務所では、相続を多く扱っているため、そのような手続きに慣れており、不動産業者も連携業者が数多くあるため、査定を迅速に行うことができます。

また、弁護士が入ってしっかりと請求をしていくことで、正当な権利を確保することができます。本件は、Xさんの取得分が100万円増えましたが、Xさんの兄弟が2人おり、その人たちも100万円ずつ遺産分割による取得分が増えましたので、実際には当初のYさんの提示から300万円も増額できたとも言えます。

このように、弁護士が入ることで、法的に自分の取得分を明らかにでき、早期解決も見込めることが少なくありません。

相続分は法律で決まっていますが、その相続分を実現するためには、しっかりと遺産を評価し、法的な根拠を示して協議に臨む必要がありますので、まずは弁護士に相談することが大事です。

 

 

解決事例一覧