借金があると相続税はどうなりますか?


悩む女性のイメージイラスト借金があると相続税はどうなりますか?

 

借金については、相続税の計算上、プラスの財産から控除することができます。

 

マンション等を購入した場合の相続財産の圧縮

解説する男性のイメージイラストローンを組んで、マンション等を購入した場合(手許の預金で購入する場合も同じ効果です。)、相続財産の圧縮が可能です。

【具体例】

電卓のイメージイラスト10億円の資産を有する方が借金をした場合の相続税評価額の推移

①現状

資産:10億円

 

②銀行から物件購入のための3億円を借り入れる。

資産:10億円
預金:3億円
借入金:3億円

※預金:3億円/借入金:3億円
純資産は0(現時点では何の対策にもなっていない)

 

③預金3億円で不動産(建物1億円、土地2億円)を購入する。

資産:10億円
建物:時価1億円、土地:時価2億円
借入金:3億円

 

④相続税評価額

上記の例において、不動産の相続税評価額は購入価額の3億円ではありません。
土地の評価については、路線価方式などになります(評価の安全性という考え方から公示価格の80%を目途としています。)。
建物については、固定資産税評価額になりますが、通常、固定資産税は、実際の購入金額の4~5割程度となり、貸家の場合は更に減額されます。

【計算例】

土地:2億円 × 0.8(安全性)× 0.88(貸家建付地評価、借地権割合40%の場合)=1億4080万円
なお、貸家建付地の評価方法についてはこちらをごらんください。

建物:1億円 × 0.5(固定資産税評価額)× 0.7(貸家評価)=3500万円

合計:1億7580万円

資産:10億円(課税対象)
土地・建物相続税評価:1億7580万円
借入金:3億円

※土地・建物:1億7580万円/借入金:3億円(借入直後に相続が開始した場合)

 

⑤相続税はどうなるか?

相続税評価額:10億円 十1億7580万円 ー3億円 =8億7580万円

仮に相続税の税率が50%の場合は6210万円相続税が減ります。

 

 

 

 

 相続税の算定方法  相続した土地の評価~路線価と倍率方式
 相続したアパートの敷地の評価  相続した建物の評価
 相続した株式の評価  相続した生命保険の取扱い
 亡くなった親が子に保険をかけていた場合  被相続人の退職金の取扱い
 借金があると相続税はどうなりますか?  葬式費用の扱い
 被相続人が会社経営者の場合の相続税