相続したアパートの敷地の評価


悩む夫婦のイメージイラスト相続したアパートの敷地の評価はどうなるのですか?

 

解説する男性のイメージイラストアパートの敷地の評価は、自宅や自分で事業を行っている場合の敷地の評価と比較して安くなります。賃貸をしている場合は借主側に一定の権利が発生する分、貸主側の評価が下がります。

 

アパート・マンションの評価

【宅地】

土地の評価のイメージイラスト宅地については、貸家建付地の評価となります。次の式によって算出します。

貸家建付地の評価額 = 自用地評価額 ×(1-借地権割合(※1)× 借家権割合(※2)× 賃貸割合)

(※1)借地権割合は、その地域に応じて30%〜90%の割合に設定されています。
なお、福岡県内の住宅地区はほとんどの地域が30%~40%となっています。
くわしくは国税庁のホーム・ページから確認できます。

(※2)借家権割合は、現在は全国一律30%に設定されています。

【例】自用地評価額が5000万円、借地権割合が40%、借家権割合が30%の場合

5000万円 ×(1-0.4×0.3)= 4400万円

更地の評価額と更地上にアパートを建築した場合の評価額は次の通りです。アパートを建築した場合の評価額は下記の通り圧縮されます。

 

【貸家】

賃貸物件評価のイメージイラスト貸家については、次の式で算出します。

固定資産税評価額 ×(1-借家権割合(※1)× 賃貸割合(※2))

(※1)借家権割合は、現在は全国一律30%に設定されています。

(※2)賃貸割合は、原則として、課税時期において実際に賃貸されている部分の床面積に基づいて算定します。

【賃貸割合の具体例】

総戸数:10部屋のアパート
床面積:各部屋20㎡で同じ

電卓のイメージイラストこのアパートで、相続が開始した時点で10部屋中2部屋が空室だったとします。すると賃貸割合は次のようになります。
(8部屋×20㎡)÷(10部屋×20㎡)=0.8
したがって、賃貸割合は、80%となります。

なお、一時的に空室となっている場合は、その部分の床面積を実際に賃貸されている部分の床面積に加えて算定して差し支えありません。

 

 

 相続税の算定方法  相続した土地の評価~路線価と倍率方式
 相続したアパートの敷地の評価  相続した建物の評価
 相続した株式の評価  相続した生命保険の取扱い
 亡くなった親が子に保険をかけていた場合  被相続人の退職金の取扱い
 借金があると相続税はどうなりますか?  葬式費用の扱い
 被相続人が会社経営者の場合の相続税