相続した株式の評価


悩む女性のイメージイラスト相続した株式の評価はどうなるのですか?

 

上場されている株式は、死亡した日の株価と死亡日の属する月の3か月以前の毎日の株価の最終価格の月平均額のうち最も低い価格で評価します。

 

株式の評価の区分

解説する男性のイメージイラスト株式の評価は大別すると次の3つの区分になります

①上場株式
②気配相場等のある株式
③取引相場のない株式

 

評価単位

評価単位は、それぞれの銘柄の異なるごとに、1株単位で評価します。

 

①上場株式の評価

上場株式の評価については、その株式が上場されている金融商品取引所が公表する次の価格のうち最も低い価額で評価します。

・課税時期の最終価格
・課税時期の属する月の毎日の最終価格の平均額
・課税時期の属する月の前月の毎日の最終価格の平均額
・課税時期の属する月の前々月の毎日の最終価格の平均額

※負担付贈与又は個人間の対価を伴う取引のときの評価
負担付贈与または個人間の対価を伴う取引により取得した上場株式の価額は、その株式が上場されている金融商品取引所の公表する課税時期の終値だけで評価します。

 

②気配相場等のある株式の評価

気配相場等のある株式とは、日本証券業協会の登録銘柄や店頭管理銘柄そして公開途上にある株式をいいます。気配相場等のある株式の評価は、上場株式とほぼ同じです。

 

③非上場株式の評価

解説する男性のイメージイラスト会社の規模などにしたがって評価します。

具体的には、下表のように、会社の規模によって、大会社、中会社、小会社に区分します。

また、評価方式は、原則的評価方式と特例的な評価方式が定められています。

原則的評価方式 大会社 類似業種比準方式
中会社 類似業種比準方式と純資産価額方式
小会社 純資産価額方式
特例的評価方式 大会社、中会社、小会社 配当還元方式

支配権のある株主の株式については、原則的評価方式により、少数株主など会社支配権のない株主の株式については特例的評価方式により、評価します。

また、特定の評価会社(※注)の場合、原則として純資産価額方式となります。

株式のイメージ画像※注:特定の評価会社とは、その会社の総資産に占める株式あるいは土地の価額の保有割合が一定以上の場合をいいます。

非上場株式の評価は、専門的な知識が必要となりますので、詳しくは相続専門の税理士等にご相談ください。

 相続税の算定方法  相続した土地の評価~路線価と倍率方式
 相続したアパートの敷地の評価  相続した建物の評価
 相続した株式の評価  相続した生命保険の取扱い
 亡くなった親が子に保険をかけていた場合  被相続人の退職金の取扱い
 借金があると相続税はどうなりますか?  葬式費用の扱い
 被相続人が会社経営者の場合の相続税