失踪宣告


失踪宣言

 

失踪宣告とは、長期間行方不明となっている者や、震災等で消息を絶った者などを『死亡したものとみなす』制度です。

失踪宣告には次の2種類があります。

 

①普通失踪

7年間生死が明らかでないときに、利害関係人が家庭裁判所に請求することにより、失踪宣告されます。

この場合、行方不明から7年後の日に死亡したとみなされます。

 

②特別失踪

死亡の原因となるような災害(戦争、地震、火災、船の沈没など)に遭遇した人が、その災害が去ってから1年間にわたって生死不明であるとき、利害関係人が家庭裁判所に請求することにより、失踪宣告されます。

この場合、「危難が去った日に死亡したとみなされます。

 

 

       
 相続とは  遺産の調査方法について
 遺言書の種類と書き方  遺産分割の方法
 遺留分減殺請求  寄与分とは
 特別受益とは  相続欠落と廃除
 相続放棄と限定相続  失踪宣告
 家族信託 遺産の範囲
 相続税の算定方法 よくある相談Q&A
 相続関連書式集