遺産の調査・評価に強い


デイライト法律事務所が選ばれる5つの理由

point2_label

遺産の調査・評価に強い相続においては、まず、遺産の調査がポイントとなります。

 

遺産の調査や評価が的確でないと、相続手続上、様々な問題が生じます。

 

まず、相続の承認と放棄の問題があります。

 

故人がプラスの財産よりもマイナスの財産(借金)の方が多い場合、相続放棄等の手続によって遺族は借金を引き継ぐ必要がなくなります。ただし、この手続は、相続開始から3か月以内に行わなければならず、何もせずにこの期間を経過すると、借金もすべて遺族に承継されることになります。したがって、相続が開始した場合、遺産の概要だけでも速やかに把握する必要があります。

 

また、遺産が判明しないと、遺族間での遺産分割協議に支障が生じます。遺産分割協議が成立した後に新たな相続財産が発見されると、改めて分割協議を行わなければならず、紛争の原因となりかねません。

 

さらに、相続税の申告に悪影響を及ぼします。遺産を正確に把握できないと、間違った申告となるだけでなく、申告もれ財産があった場合、追徴課税の問題が生じます。

 

遺産の評価加えて、相続手続では、遺産をすべて把握するだけではなく、それを正しく評価しなければなりません

特に、土地・建物といった不動産、非上場株式や金融資産については、時価が変動するなどの理由からその評価が難しく、かつ、一般的には高額となるため、評価によって遺産分割協議や相続税申告に大きな影響を及ぼすことになります。

 

当事務所は、遺産の調査方法について、知識とノウハウを有しており、遺産を的確に把握することを得意としております。

 

また、当事務所には税理士資格を有する弁護士が在籍し、かつ、相続財産評価を得意とする税理士や不動産の査定を得意とする業者とも強力に連携していることから、ワンストップで遺産の正しい評価が可能です。

 

まずはお気軽にご相談ください。

 

なお、遺産の調査方法について、くわしくはこちらからどうぞ。

 



デイライト法律事務所が選ばれる5つの理由
相続・事業承継チームが対応
遺産の調査・評価に強い
最大限の節税に努める
アクセスの良さ
きめ細やかな配慮と充実したサービス