遺産分割の方法


遺産分割の方法

遺産分割を行なうとき「法定相続人」という言葉をよく聞くようになります。法定相続人とは、民法によって定められた相続人の事を指し、残された親族が誰であるかにより、相続できる人・割合が異なります。

 

法定相続人の優先順位は下記のとおりです。

 

◆法定相続人の優先順位

1.配偶者

2.子

3.父母

4.兄弟姉妹

(1と2は同順位)

 

残されている親族 相続分
亡くなった方に配偶者と子がいる場合 配偶者、子ともにともに1/2ずつ相続します
亡くなった方に配偶者と父母がいる場合 (子はいない) 配偶者が2/3、父母が1/3を相続します
亡くなった方に配偶者と兄弟姉妹がいる場合 (子も父母もいない) 配偶者が3/4、兄弟姉妹が1/4を相続します
亡くなった方に配偶者のみいる場合 (子も父母も兄弟姉妹もいない) 配偶者が全てを相続します
亡くなった方に配偶者がいない場合 (子・父母・兄弟姉妹いる場合) 子供が全てを相続します

 

寄与分

寄与分とは、相続人の中に、被相続人の財産の維持、または増加について特別の寄与をした人がいる場合に、他の相続人との間の実質的な公平を保つために、その増加させた相続人に「相続分以上の財産を取得させる制度」のことです。

寄与分について、くわしくはこちらをどうぞ

 

 

特別受益

相続人間での不公平をなくすために設けられた制度です。具体的には、相続人に対して死亡の何年前であろうと遺贈及び一定の生前贈与といった財産分与とみなされた場合、その贈与した財産を含めて、相続財産とし、遺産分割を行います。

特別受益についてくわしくはこちらをどうぞ

 

 

相続についてご不明な点、お悩みになられていることなどございましたら、お気軽に当事務所までご相談くださいませ。

 

 

       
 相続とは  遺産の調査方法について
 遺言書の種類と書き方  遺産分割の方法
 遺留分減殺請求  寄与分とは
 特別受益とは  相続欠落と廃除
 相続放棄と限定相続  失踪宣告
 家族信託 遺産の範囲
 相続税の算定方法 よくある相談Q&A
 相続関連書式集