相続放棄と限定承認


相続放棄

相続放棄相続放棄とは、相続財産の一切を放棄することができる制度です。

 

資産に比べ明らかに大きな負債があるときや、相続に伴うトラブルに巻き込まれたくないときなど、相続人は相続放棄をすることにより借金を負わなくてもよいことになります。また、借金だけでなく、損害賠償責任などの責任も免れることになります。

 

しかし、相続放棄をする場合には、条件がいくつかあります。

 

 

相続放棄をする条件

相続開始を知ってから3か月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申述をしなければなりません。

相続人が複数いる場合は、一部の人だけが放棄することも可能ですし、全員放棄というのも可能です。

ただし、自分だけが相続放棄をした場合に、他の相続人にマイナスの財産が降りかかり、迷惑がかかることもあります。

円滑に相続放棄の手続を行うためには、専門家である弁護士にご相談されることをお勧めします。

 

 

限定承認

限定承認とは、相続人が被相続人の財産の範囲内で被相続人の債務を支払うという制度です。

この手続きも、相続放棄と同様に、被相続人の死亡を知ってから3か月以内に家庭裁判所に申立てをして行う必要があります。

 

限定承認を選択すべき場合

以下のようなものが考えられます。

○債務が超過しているかどうか不明な場合

○債務を加味しても、自宅などのどうしても相続したい相続財産がある場合

○家業を継いでいくような場合に、相続財産の範囲内であれば債務を引き継いで良いという場合

 

 

限定承認に必要な手続き

①相続放棄と異なり相続人全員の総意が必要となります。

 

②相続の開始を知ったときから3か月以内に「限定承認の申述審判申立書」を家庭裁判所に提出します。
限定承認は単純承認に比べ、無限責任ではなく有限責任という大きなメリットがあるため、利害調整が必要だと考えられており、手続きが複雑になっています。

 

そのため、限定承認をする際には 経験豊富な弁護士にご依頼下さい。

 

 

       
 相続とは  遺産の調査方法について
 遺言書の種類と書き方  遺産分割の方法
 遺留分減殺請求  寄与分とは
 特別受益とは  相続欠落と廃除
 相続放棄と限定相続  失踪宣告
 家族信託 遺産の範囲
 相続税の算定方法 よくある相談Q&A
 相続関連書式集