遺言の種類、書き方、作り方が分かりません。教えてください。



answer

まず、一般的な遺言の種類は大きく3種類に分けることができます。

1.自筆証書遺言

遺言書について1つ目は、自筆証書遺言と呼ばれるものです。

これは、遺言を残す人が、自分で遺言の全文、日付および氏名を書き、押印して作成する遺言です。

自筆証書遺言は、お金をかけず、ひとりで比較的容易に、誰にも秘密で作成することが可能です。

しかし、遺言が有効になるにはいくつかの要件をみたさねばなりません。したがって、誰にも頼らず1人で書いた遺言は、その要件をみたさず無効となる場合が、他の遺言より多いといえます。

また、相続人の1人が、自分に都合の悪い遺言を見つけて、勝手に捨ててしまうかもしれませんし、自分に都合よく書き直してしまうかもしれません。
さらに、自筆証書遺言が見つかった場合には、まず家庭裁判所により検認という手続をしてもらう必要がありますので、注意が必要です。

 

2.公正証書遺言

2つ目は、公正証書遺言です。
遺言を残す人が、公証役場において、遺言の趣旨を公証人に伝え、公証人が筆記して作成する遺言です。

公正証書遺言は、公証人と言う専門家が作成しますので、要件をみたさないなどといって遺言が無効になるリスクを回避することができます。また、相続人の誰かにより故意に書き換えられたりすることもありません。

しかし、公証役場を利用する手数料が発生するのが難点です。また、その手続は厳格で、証人2人の立会いも必要になります。

 

3.秘密証書遺言

遺産分割の方法3つ目は、秘密証書遺言です。
秘密証書遺言は、遺言の内容を秘密にしたうえで遺言書に封をし、封をされたまま公証人により公証される遺言です。

これは、遺言の内容を秘密にすることができるとともに、その存在自体は明らかにできるというメリットがあります。
しかし、公証役場に支払う手数料がかかり、証人2人の立会いが必要なのは、公正証書遺言と同じです。

このように、遺言にもいろいろな種類がありますが、それぞれにメリット、デメリットがあります。

将来のトラブル防止を考えれば、公正証書遺言が一番ですが、遺産も無く、家族に気持ちをただ伝えたいという場合は、自筆証書遺言の方が適している場合もあります。また、費用面に特に不安があるのであれば、自筆証書遺言や、比較的安価で済む秘密証書遺言を利用することが考えられます。

遺言作成を検討しているが、どの遺言を作成していいか分からない、とお悩みの方は、ぜひ一度、相続専門の弁護士にご相談ください。

 

関連Q&A

 


[ 相続Q&A一覧に戻る ]