どの遺言書の方式を選択したらいいかわかりません。



遺言の種類のイメージイラスト遺言者が何を重視するかによって、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言のいずれを選択すべきかが変わってきます。

もしあなたが遺言書作成のための費用と時間をかけたくなければ、自筆証書遺言をまずは勧めます。また、定期的に遺言書を書き換える可能性がある場合には、自筆証書遺言がより経済的です。公正証書遺言では書き換えのために作成費用がかかります。

また、遺産の処理という財産的な問題よりも、自己の死後の葬儀などの事務的なことや家族へのメッセージを重視している場合にも、自筆証書遺言を選択することが多いように思われます。

さらに、死期が迫っているなど、公正証書遺言の方式では時間的に作成が間に合わないおそれがある場合などには、自筆証書遺言を作成しておくことがよいでしょう。

これに対し、遺言者が高齢であり、遺言能力の存否について将来相続人間で紛争が生じるおそれが高い場合には、公証人を関与させた公正証書遺言を作成した方が自筆証書遺言よりも安心です。なお、公正証書遺言であったとしても、遺言能力を争われれば無効になった裁判例が多数あります(遺言書の無効が争われた場合についてはこちらをご覧ください。)。

また、遺産が多くあって、その分配方法などについて遺言の内容も複雑な場合には、本人の自筆による遺言書の作成よりも公正証書遺言によるほうが便宜です。

そして、遺言書の作成には費用をかけたくないけれど、自筆で遺言書を作成することが困難な場合には、比較的費用が安く、パソコンやワープロで作成することもできる秘密証書遺言がよいでしょう。

以上が大まかな遺言の方式選択の目安です。

>> 遺言書の種類と書き方についてはこちらをご覧ください。

書を書くイメージ画像ただし、それぞれの個別具体的な事情に合わせて、どの方式によるべきかは決めるべきです。遺言書作成に急を要さない場合には、どの方式によって作成するのがいいのか、弁護士に相談されてみてはどうでしょうか。

どの方式によればいいか、ということは些細なことだということで遠慮されることはありません。むしろ、遺言はきちんと作成しておくことが後の紛争の予防にもつながるものであり、些細なことではありません。

私たちデイライト法律事務所では、遺言書の作成に精通した弁護士がみなさんの相談にのります。お気軽に相談ください。

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]