家族の仲が良くても遺言を作る必要はありますか?



answer

familyうちの子たちは仲が良いから遺言なんて必要ない、と考えている親は多いのではないでしょうか。
しかし、子どもの仲が良い場合でも、遺言を書くことをお勧めします。

 

相続は、ときに「争族」とも呼ばれます。
残念ながら、両親の生前は仲の良い兄弟でも、両親が亡くなると、これまでの兄弟間の不満が爆発し、不仲になることはたびたびあります。

 

また、親と同居し、介護などを通してよく面倒をみてきた子がその頑張りを認めてもらいたいと思ったとき、相続で他の兄弟より多く受け取ることを希望してもおかしくはありません。しかし、そう思っていても、遺言が無く、他の相続人の理解も無ければ、法律で定められた相続分どおりに、他の兄弟と均等に分けるしかありません。

 

そこで、あなたが、遺言により、その子に多く財産を残すことで、残された家族間の無用なトラブルを防ぐことができます。遺言には、「付言事項」として、なぜその子に多く残したいと思ったのか、あなたの意思を記すこともできますので、他の相続人もあなたの意思を汲み取り、その子がなぜ他の相続人より多く財産を相続することになったのかを理解することも可能です。

 

遺産調査方法他にも、あなたが子どもの1人と、あなた名義の家で同居している場合、あなたの亡き後、その不動産も相続の対象になります。他の相続人が、その家を売却して金銭に換え、遺産分割をすることを望めば、同居していた子が家を失うことだってあるのです。
このような場面でも、あなたがあらかじめ、この家を同居の子に相続させる旨の遺言を書いて残しておけば、その子が家を失うことを回避することができます。

 

このように、遺言を書くことは、自己が亡き後の家族間の紛争を回避する一番有効な手段です。

 

しかし、遺言はあなたの死を前提にしたものですから、残される家族は、あなたの気持ちを思うと、あなたに遺言を書いてくれとは言い出しにくいものです。
そのため、あなたが率先して、残された家族のために遺言を書く必要があります。

 

せっかく財産を残したのに、それが原因で残された家族が不仲になり、遺言さえ書いていてくれればこんなことにはならなかったのにとあなたが恨まれてしまうことほど残念なことはありません。
したがって、たとえ家族の仲が良くても、残る財産が多額ではなくても、遺言を書くことをおすすめします。

 

関連Q&A

 


[ 相続Q&A一覧に戻る ]