遺言書の保管はどうしたらよいですか?



解説する男性のイメージイラスト遺言書は遺言者が保管することになります。

遺言者としては、遺言書の保管場所については十分検討して保管しておく必要があります。

すなわち、遺言書とおりの内容を実現しようとするためには、遺言者の死亡後に遺言書を発見してもらわなければなりません。

そうすると、遺言者しか知らないような場所に隠していては、せっかく遺言書を作ったのに、その意思が実現されずに終わってしまうということが十分考えられます。

逆に、あまりに相続人に知れやすい場所に保管していた場合には、相続人から発見され、その遺言書の内容を問いざたされたり、偽造や変造、破棄されるなど、遺言者がまだ生きているうちからトラブルに発展しかねません。

金庫のイメージイラストしたがって、遺言者が亡くなった後、遺品整理をしている際に見つかるような適度な場所を見つけ、その場所に保管しておくことがよいでしょう。

また、弁護士などの信頼できる専門家に預けておくのも手です。

紛失や破棄のおそれが高いのであれば、公正証書遺言の方式で遺言書を作成するのが良いでしょう。なぜなら、公正証書遺言は公証役場に保管されますので、紛失などのおそれがありません。

ただし、相続人が公正証書遺言を作成しているという事実を知ることができるようにしておくことが必要でしょう。

解説する男性のイメージイラストでは、遺産分割協議が終わった後に遺言書が発見された場合にはどうなるのでしょうか。遺産分割協議をやり直さなければならないのでしょうか。

結論からいうと必ずしもそうではありません。

すなわち、遺言者の意思は最大限尊重されるものであり、法定相続分よりも優先するものです。そして、遺産分割協議の内容と遺言書の内容が異なれば、遺言書の内容と異なる遺産分割協議は無効となります。

ただし、ここで遺産分割を必ずやり直さなければならないかというとそうではありません。

家族会議のイメージ画像このような場合には、まずは遺言書の検認の手続を家庭裁判所でとった上で、相続人全員が集まり、遺言の内容に反する遺産分割協議の内容に同意するかどうかを確認します。

そして、遺産分割協議の内容どおりでよいということになれば、協議の内容通りでよいということになりますが、一部同意しない人がいる場合には、再度分割の協議をする必要があります。

このようなことがないよう、先に述べたような観点から、遺言書の保管場所については適切な場所を入念に選定する必要があります。

 

 

「遺言書」についてよくある相談Q&A