他の人が補助しながら書かれた自筆証書遺言は有効ですか?



解説する男性のイメージイラスト無効になる場合があります。

自筆証書遺言(民法968条)においては、遺言者が、遺言書の全文、日付及び氏名を自分で書き(自書)、押印しなければなりません。

この自書について、遺言者は遺言当時に自書能力を有しなければならないとされています。ここでいう自書能力とは、遺言者が文字を知っており、なおかつ、これを筆記する能力をいいます。すなわち、筆跡が遺言者のものと異なれば無効となってしまいます。

ここで、他人の添え手による補助を受けながらかかれた自筆証書遺言が、自書能力がないとして無効にならないかが問題となります。

裁判などのイメージイラストこの点については最高裁第一小法廷判決昭和62年10月8日(民集41巻7号では、
①遺言者が自筆能力を有していること
②遺言者の意思に基づく遺言の内容を書くにあたり、他人の添え手が、単に遺言者の手を用紙の正しい位置に導くにとどまるか、または単に筆記を容易にするための支えを借りただけであること
③添え手をした他人の意思が介入した形跡がないことが筆跡のうえで判定できる場合
には、有効としました。

そうすると、たとえば
・Aさんは85歳である
・脳動脈硬化症の後遺症のため手がひどく震え、手の震えと視力の減退のため、字がひどくねじれたり、震えたり、次の字と重なるなどの状態にある
・上のような状態で、妻Bさんに後ろから自分の手を握らせて、証書を作成した
・遺言書には、書き直した字や歪んだ字がみられる一方、草書風の達筆な文字も見られる
・便箋4枚におおむね整った字で本文が22行にわたり整然と書かれている
・遺言の内容は妻Bさんに都合のよいものになっている
ようなケースの場合、Aさんの筆記能力に鑑みると、Bさんが単に支えただけでは上記のケースにおいて遺言書のような字を書くことはできません。

高齢者のイメージ画像また、Aさんも手を動かしたにしても、Bさんが積極的にAさんの手を誘導して、Bさんの整然と字を書こうとする意思に基づいて本件の遺言書が作成されており、本件の遺言書は「自書」されたとはいえず無効です。

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]
 

弁護士が教える!相続お悩み別解説