遺言はどのような方式で行うのがよいですか?



answer

遺言の方式には、①公正証書遺言、②自筆証書遺言、③秘密証書遺言の3つの方式があります。

どの方式を採るべきかについては、具体的な事情により異なり、各方式のメリットデメリットを考慮して決めることになります。

 

①公正証書遺言について(民法969条)

公正証書遺言とは、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口述し、公証人がこれを筆記し、公正証書による遺言書を作成する方式の遺言です。

メリットとしては、法律の専門家である公証人が関与するので、方式の不備、内容の不備による無効を回避できることや、遺言書が公証役場に保管される関係上、偽造改ざんのおそれがないこと、家庭裁判所の検認手続が不要であることが挙げられます。

他方、主なデメリットとしては、遺言書作成に費用がかかる事が挙げられます。

 

 

②自筆証書遺言について(民法968条)

解説する男性のイメージイラスト
自筆証書遺言とは、遺言者が遺言の全文、日付及び氏名を自書し、押印して作成する方式の遺言です。

メリットとしては、遺言書作成に費用がかからないことや、作成手続きが面倒ではなく自分ひとりで容易に作成できる点等が挙げられます。

他方で、デメリットとして、遺言者の死後遺言書が発見されないおそれや、一部の相続人により、隠匿改ざんのおそれがあること、専門家がかかわらないことにより方式不備による遺言書無効のおそれがあること、家庭裁判所の検認手続きがあること等が挙げられます。

 

 

③秘密証書遺言について(民法970条)

秘密証書遺言は、遺言者が遺言内容を秘密にした上で遺言書を封じ、封じられたままで公証人により公証される方式の遺言です。

メリットとしては、遺言書の内容を秘密にしておくことができること、遺言書が隠匿廃棄される危険性が少ないこと等が挙げられます。

他方、デメリットとしては、公正証書遺言ほどではないですが作成費用がかかること、公証人が関与するため、手続きが厳格で証人2名が必要となること等が挙げられます。

 

 

チェック

以上のように、各方式にはメリットデメリットがあるため、例えば、何度も遺言書を作り直す可能性がある人は費用のかからない自筆証書遺言を作成する等、具体的事情に応じた方式を採る必要があります。

 

また、自筆証書遺言を作成すると決めているような方でも、後日、遺言を無効とされないよう、専門家による方式不備の有無や遺言内容に法律的問題がないか等のチェックも必要となるでしょう。

 

 

家族のために遺言書を作成したいけれど、自分の場合どのような遺言の方式を採るべきか悩んでいるという方は、是非一度専門家である弁護士にご相談することをお勧めします。

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]