母の遺言書を発見しました。開封してよいですか?



answer

解説する男性のイメージイラストあなたのお母さんの遺言書に封がしてあるのなら、絶対に開封しないでください。

遺言書は、①公正証書遺言と、②公正証書遺言以外のもの、に大きく分けることができます。

まず、①公正証書遺言は、被相続人が公証役場で公証人の前で作成した遺言になります。

これには他の遺言に比べて、すでに一定の形式を経て作成された確実な内容の遺言として認められていますので、裁判所でさらに形式面を確認するなどの手続を要しません。

 

これに対して、②公正証書遺言以外の遺言(自筆書遺言や、秘密証書遺言)の場合、家庭裁判所による検認手続を必要とします。

検認は、遺言書の形式面について確認し、保存するための手続です。

したがって、遺言書の内容面についてまで審査するものではないため、検認手続を経ない遺言が無効になってしまうことはありませんが、いずれにしてもまずこの検認手続を行うようにしてください。

 

遺言書のイメージ画像封印のある遺言書を、検認手続を行うことなく開封してしまった場合は、過料が課されてしまうこともあります。

また、当然ではありますが、遺言をわざと隠したり書き換えたり破棄したりした場合は、相続する資格がないとされてしまいますし、遺言を提出しなかったりした場合も過料の対象となることがあります。

このように、見つかった遺言は、被相続人の意思を記す大切な書面ですから、法律で決められた手続にのっとり、誠実に対応する必要があります。

 

遺言の検認手続は、相続人やその代理人立会いの下に行われ、仮に立ち会わなかった者がいた場合には、遺言書の検認手続が行われたことを家庭裁判所の書記官から通知されることになります。

 

各遺言書の違いについては、こちらでも詳しくご紹介しております。

遺言書を見つけた場合、どうしてよいかわからなくなって当然です。

しかし、遺言書を見つけた後に関する手続は、法律で定められていますので、知らずに対応を誤ると、過料などが課されてしまうこともあります。

遺言書を見つけ、その後の対応についてお困りの方は、ぜひ一度、当事務所にご相談ください。

 

 

「遺言書」についてよくある相談Q&A