遺産の不動産から生じた賃料も分配しないといけませんか?



悩む男性のイラスト

遺産分割協議で不動産を取得しましたが、他の相続人が遺産分割までの賃料を分けろと言ってきました。

賃料も分けないといけないのでしょうか?

弁護士入野田智也の画像相続問題専門の弁護士が解説いたします。

最終的にその不動産を取得した場合でも、遺産分割協議が終了するまでに生じた賃料については、他の相続人に分ける必要があるといえます。

 

遺産から生じた賃料の帰属

遺産分割協議が終了し、不動産の帰属が決まるまでに遺産から生じた賃料等の収益は、定相続分又は指定相続分に応じて、当然に相続人らが取得することになっています。

家系図と法定相続分のイラスト例えば、配偶者であるお母さん、子どもが2人いる場合、それぞれの法定相続分は、2分の1、4分の1、4分の1です。

そして、不動産から賃料10万円が生じるとすれば、その10万円を法定相続分で分けることになるので、お母さんが5万円、お兄さんと弟さんが2万5000円ということになります。

なお、遺言により、相続分の指定がある場合には、その指定に沿って賃料債権を取得すると考えられます。

つまり、遺言で、お母さんが4分の3、お兄さんと弟さんが8分の1ずつとされているような場合には、お母さんが7万5000円の賃料債権を取得し、お兄さんと弟さんは1万2500円ずつの賃料債権を取得することになります。

 

誰かが賃料を独占している場合

解説するイメージイラストしかし、実際では、誰かが不動産を管理しており、その管理している人が賃料を独占している状態のままであることがしばしばあります。

そのような場合にはどのようになるのか、説明します。

上記の例で、お兄さんが賃料を独占しているとします。

この場合、お兄さんは、お母さんや弟さんの分まで取得しているので、この金銭を返還する必要があることになります。

具体的に考えると、お母さんは、お兄さんに対して5万円の返還請求権を有し、弟さんは、お兄さんに対して2万5000円の返還請求権を有していることになります。

 

お兄さんが管理費用を支払っていた場合にはどうなる?

悩む男性のイメージイラストお兄さんが管理費用を負担している場合に、その管理費用を考慮することはできないのでしょうか?

この点、管理費用についても、法定相続分に応じて負担する義務があると解されますので、本来はお母さんや弟さんも管理費用を負担すべきであり、お兄さんは、お母さんや弟さんに管理費用を請求できます。

そのため、お兄さんが賃料をお母さんや弟さんに返還する場合には、お母さんや弟さんが負担すべき管理費用を相殺して、返還するのが簡便です。

つまり、上記の例で、管理費用が1万円だとすると、管理費用の負担は、お母さんが5000円、お兄さんと弟さんは2500円ずつですから、お兄さんがお母さんに返還すべき金額は5万円から5000円の管理費用を除いた4万5000円となり、弟さんに返還すべき金額は2万5000円から2500円を控除した2万2500円となります。

賃料の分配の図

 

お悩みの方は弁護士にご相談ください

お金のイメージ写真以上のとおり、遺産分割で不動産の帰属が決まるまでに生じた賃料や管理費用などの扱いは容易ではありません。
そのため、なるべく遺産分割の対象の中に賃料も含めて最終的な合意をするのが良いといえます。

相続は、周辺問題が多く、当然に遺産分割の対象となるもの、合意によって遺産分割の対象となるもの、遺産分割の対象とはできないものがあります。
これらの判断は容易ではありませんので、一度弁護士にご相談されることをおすすめします。

当事務所では、家事事件チームが遺産分割のサポートをいたしますので、まずは一度気軽にご相談ください。

弁護士へのご相談はこちら「相談の流れ」からどうぞ。

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]