遺産分割調停から抜ける方法はありませんか?



質問のイラスト母が亡くなり、私と父、兄で遺産分割協議をしていました。
しかし、母の財産を巡って父と兄は話し合いがまとまらず、父が遺産分割調停を申し立てるようです。

私は生命保険金をもらっていますし、家族で争いたくはないので、調停に行きたくないのですが、どうしたらよいでしょうか?

弁護士小野佳奈子の画像相続問題専門の弁護士が解説いたします。

今回の場合、相談者である弟さんとしては、相続の開始を知った時から3か月以内であれば相続放棄をするという手が考えられますが、3か月以上が経過している場合には相続分の放棄をするということが考えられます。

裁判所のイラスト相続放棄をした場合には、そもそも相続人ではなくなるので、遺産分割調停には参加できません。
また、相続分の放棄をした場合には、裁判所に相続分放棄の証書(本人の署名、実印の押印、印鑑証明書の添付)と調停手続きから排除してもらう旨の申出書を提出して、遺産分割調停の手続きから排除してもらうことになります。

相続分の放棄をする際には、債務がなくなるわけではないので、その点について他の相続人と話し合うなどしておく必要があるといえます。

 

「相続放棄」と「”相続分”の放棄又は譲渡」は違う?

チェックリストのイラスト相続放棄と相続分の放棄は言葉が似ていますが、全く異なるものですので、注意が必要です。

まず、相続放棄とは、はじめから相続人で無くなる手続きです。
一方、相続分の放棄とは、相続人で無くなるわけではなく、その持分を放棄する意思表示と解されています。

具体的には、以下の二点が異なります。

● 相続放棄をすれば債務も負わなくて済む一方、相続分の放棄をしても債務は免れない点

● 他の相続人の増える持分の割合が異なる場合がある点

 

相続分の放棄と債務

書類のイメージイラスト相続放棄をすれば相続人で無くなるので、必然的に相続債務も負うことはありません。

一方、相続分の放棄は持分を放棄するだけなので、債務は負い続けなければなりません。

 

持分の割合が異なる場合とは?

それぞれ具体的な計算で見てみましょう。

相続放棄の場合

相続放棄の場合には、相談者である弟さんは相続人ではなくなります。

そのため、お父さんとお兄さんの持分は、2分の1ずつということになります。

 相続放棄の場合

 

相続分の放棄の場合

相続分の放棄の場合には、相談者である弟さんの持分を、お父さんとお兄さんの持分割合により、分けるということになります。
お父さんは2分の1、お兄さんが4分の1の法定相続分を有しているので、その比率は、2:1ということになります。
そのため、相談者である弟さんの持分をお父さんが3分の2、Cが3分の1取得することになります。

そうすると、以下のようになるのです。

お父さんの持分=1/2+(1/4×2/3)=8/12=2/3

お兄さんの持分=1/4+(1/4×1/3)=4/12=1/3

 

相続分の放棄の場合

仮に相続財産が3000万円だとすると、相続放棄の場合は、お父さんもお兄さんも1500万円ですが、相続分の放棄の場合には、お父さんが2000万円、お兄さんが1000万円になります。

 

相続放棄をお考えの方は弁護士にご相談ください

弁護士への相談のイメージ画像なお、相続分の譲渡という方法もありますが、譲渡の場合には、お父さんかお兄さんのどちらかに相談者である弟さんの持分を全て渡すことになりますので、争いを避けたい場合にはお勧めできません。

相続に当たっては、法的な問題が数多くありますから、わからないことがある場合には、弁護士に相談されることをおすすめします。
当事務所では、家事事件チームの弁護士が対応いたしますので、気軽に一度ご相談ください。

弁護士へのご相談はこちら「相談の流れ」からどうぞ。

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]
 

弁護士が教える!相続お悩み別解説