相続放棄したらお墓や位牌はどうなるのですか?



悩む女性のイラスト先日、父が他界しました。

相続人は長女である私だけなのですが、父は生前に事業に失敗しており、負債が多く残っている状態だったため、相続放棄をしようと思っています。

その場合にお墓や位牌などについてはどうなるのでしょうか?

また、長女である私は嫁いでいるため、夫の名字に変わっているのですが、お墓などを引き継ぐのに関係がありますか?

弁護士小野佳奈子の画像相続問題に詳しい弁護士が解説いたします。

相続放棄をしたとしても、お墓や位牌については、祭祀承継者が承継することになっています。

今回の相談者が唯一の相続人である場合には彼女が祭祀承継者とされる可能性が高いので、お墓や位牌を相談者本人が承継することになると思われます。

祭祀承継者となる者について、法律上は限定をしていませんので、被相続人と名字が異なったとしても、祭祀承継者となることができます。

 

相続財産と祭祀財産

老人女性のイラスト相続放棄をした場合には、相続はできなくなるのではないかと思われるかもしれませんが、お墓や位牌などは、祭祀財産と呼ばれるもので、民法で以下のように規定されており、相続財産とは別の扱いがされています。

「系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。」

ポイントのマークつまり相続放棄は相続財産を引き継ぐ地位を放棄するだけなので、祭祀財産についてまで放棄することにはならないということです。

 

祭祀承継者の基準

葬儀のイメージイラスト祭祀財産が相続財産とは別とされているのと同様に、祭祀承継者は相続人とは異なります。
そのため、相続人であることや長男であることなどから、当然に祭祀承継者となるわけではありません。

民法では、897条より、以下の順番で祭祀承継者が決定されると規定されています。

① 被相続人が指定した者
② 慣習
③ 家庭裁判所による決定

書類のイメージイラストつまり、被相続人の遺言などにより誰かが指定されている場合には、その者が祭祀承継者となります。

祭祀承継者に限定はなく、名字が異なる親族はもちろんのこと、法定相続人である必要もないですし、親族に限られるわけでもないのです。

裁判所のイラスト次に指定がない場合には、慣習により決定されますが、慣習がない又は明らかではない場合には、家庭裁判所が決めてくれるということになります。

家庭裁判所が決定する場合の判断基準は、「諸般の事情の総合考慮」と言われていますが、以下の決定が参考になると思われます。

「被相続人からみれば、同人が生存していたのであれば、おそらく指定したであろう者をその承継者と定めるのが相当である」(東京高裁平成18年4月19日決定)

家庭裁判所の決定についても、被相続人の意思が尊重されているといえます。

葬儀のイメージ写真相続においては、金銭的な問題だけではなく、親族間の感情的な問題も生じることが多いですが、祭祀承継においても、同様です。

祭祀承継を含め、相続は専門的な知識が必要となる分野ですので、一度弁護士に相談することをおすすめします。

当事務所では、家事事件チームが複雑な法律問題にも対応しますので、お気軽にご相談ください。
弁護士へのご相談はこちら「相談の流れ」からどうぞ。

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]