財産の中から相続人名義の預貯金が出てきた場合はどうしたらいいですか?



悩む男性のイメージイラスト
先日、父が亡くなったのですが、父の遺品を整理していると、金庫から兄名義の預金通帳が出てきました。兄に聞いたところ、生前に父に預けていたものだと言っているのですが、この預金は、相続財産とならないのでしょうか?

弁護士竹下龍之介画像相続問題に詳しい弁護士がお答えします。

相続人名義の預金は、基本的には相続財産とはならないですが、その預金の原資が亡くなった方のお金であることについて争いがない場合には、遺産分割協議でも相続財産に含めて協議をすることが可能です。

しかし、その預金の出捐者、つまり原資が誰のお金であったかについて争いがある場合には、名義人以外の相続人が誰の出捐であったかを証明しなければいけません。

今回のご相談の場合も、お兄さんは「生前に父親に預けていただけ」と言っているので、相談者ご自身で父親の財産で出捐であったことを証明する必要があります。

 

相続人名義の預金

預貯金のイメージイラスト現在は、金融機関の本人確認等が厳しくなったため、預貯金の口座を勝手につくることは困難ですが、一昔前までは厳格な手続きが必要なかったために親が子ども名義の口座を作って資産を形成しているということがありました。

喧嘩のイメージイラストもちろん、口座にある財産について、その名義人が相続財産であることを争わない場合には、遺産分割協議の中でその口座の預貯金を含めて分割すればいいだけです。

しかし、このような口座がある場合には、その口座が相続財産に当たるのか争われることがあります。争う場合には、名義人以外の相続人が口座の原資が亡くなった方のお金であることを証明する必要が生じてきます。

説明する男性のイメージイラストなお、出捐者が亡くなった方であることには争いがない場合に、贈与を受けたのだという主張がされる場合がありますが、贈与の場合には特別受益となる可能性が高く、相続財産として扱われた場合と変わらない扱いがされることになります(もっとも、その相続人名義の預金が相続人の財産の大半を占めるような場合には結論は異なってきます。)。

 

遺産分割調停に持ち込まれた場合

裁判例のイメージイラストこのような預貯金が誰に帰属しているかについて、遺産分割調停に持ち込む方も少なくありません。

しかし、遺産分割調停でも、預貯金の帰属について話し合うことができないわけではありませんが、本来、遺産分割調停というのは相続財産であることが争われていない財産をどのように分けるかを決める場です。
また、調停でまとまらない場合には審判になりますが、審判では帰属について争われている財産について裁判所が判断することはできません。

ポイントのマークそのため、相続財産かどうかの争いがある場合には、遺産分割調停に先立ってしっかりと協議をして、それでも話し合いがまとまらない場合には民事訴訟で帰属を確定させておく必要があると言えます。

お金のイメージ写真相続は、相続財産の範囲がどこまでかという法律的な問題が生じることもあります。この場合、どのように主張すればよいのか、どのような証拠が必要かなど困難な問題も多いので、一度弁護士に相談されることをおすすめします。

当事務所では、家事事件チームが法的問題にも適切に対応いたしますので、まずは気軽にご相談ください。
弁護士へのご相談はこちら「相談の流れ」からどうぞ。

 

 

「遺産分割」についてよくある相談Q&A