未払年金は遺産に含まれますか?



悩む老人女性のイラスト先日、夫が亡くなったのですが、夫が受給していた国民年金の未払い分があることが分かりました。
年金の未払い分も遺産となるのでしょうか?

弁護士勝木萌画像相続問題に詳しい弁護士がご説明します。

国民年金は、受給者が死亡してその未払い分を受ける場合、その未払い分を受給する資格、順番が法律により決まっています。

そのため、遺産に含まれるわけではありません。

 

国民年金について

手続のイメージイラスト国民年金は、2か月に1回、偶数月に支払われるものですので、死亡した日にちによって、未支給分の老齢基礎年金を請求することができます。

この老齢基礎年金の未支給分は、もともと亡くなった方に支払われるものなので、遺産に含まれるようにも思えます。

しかし、未支給分の請求資格は、国民年金法19条により定められているので、年金を受給していた方(亡くなった方)の遺産とはならず、請求した人が固有の権利として受け取ることができることになります。
簡単に言えば、相続の対象ではないということです。

 

未支給年金の受給順位

未支給年金は、「生計を同じくしていた」下記の者が請求できますが、順番が法定されています(①が第1順位です)。

家族① 配偶者
② 子
③ 父母
④ 孫
⑤ 祖父母
⑥ 兄弟姉妹
⑦ これらの者以外の三親等内の親族

今回の事案の場合は、亡くなった方の配偶者なので①に当たり、未払い年金を固有の権利として請求できることになります。
遺産ではないので、他に相続人がいても渡す必要はありませんし、相続放棄した場合であっても、支給されます。

 

未払い年金の請求手続き

手続のイメージイラスト未支給年金請求書に、以下の書類を添付して、請求者の住所の管轄する年金事務所に提出すれば未払い年金の受給をすることができます。

なお、請求できる期間は受給権者が死亡した日から5年以内となっています。

① 死亡した受給権者の年金証書
② 戸籍の謄本や抄本、死亡診断書、住民票など死亡の事実を証明する書類
③ 死亡した受給権者と請求者との身分関係を明らかにできる市区村長の証明書又は戸籍謄本・抄本
④ 死亡した受給権者と請求者が生計を同じくしていたことがわかる書類として住民票の写し

解説する女性のイメージイラストなお、死亡した場合に死亡届を提出しないと年金が支払われ続けることになりますが、死亡後の年金を受給することはできませんから、後に返還をしなければならなくことに注意しましょう。
死亡届は、死亡日より14日以内の提出が義務付けられていますので、後々紛争とならないように、迅速に提出する必要があります。

年金のイメージ画像どの財産が遺産に含まれるか迷った場合には、一度、当事務所にご相談ください。
弁護士へのご相談はこちら「相談の流れ」からどうぞ。

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]