遺言で代襲相続させることはできますか?



悩む男性のイメージイラスト親が遺言で私(X)に土地を渡す旨を書いてくれたようなのですが、私のほうが病気がちで親より先に死ぬのではないかと心配です。

もし私が先に死んだ場合には、もらえるはずだった土地を私の子ども(Y)がもらうことはできますか?

遺言の文言によりますが、そのままでは基本的には孫のYさんは土地をもらえないと言ってよいでしょう。

相続問題専門の弁護士が解説いたします。

 

1 遺贈の場合

説明する男性のイメージイラスト遺贈の場合には民法で明確に定めがあり、受遺者が先に死亡した場合には、遺贈は効力を生じないとされています。

ただし、遺言に息子Xさんが先に死亡した場合に備えて孫のYさんを次の受遺者に指定しておく方法があります。

その場合の遺言の文言は以下のようになります。

 

チェックリストのイラスト第〇条 遺言者は、その所有する下記の土地を遺言者の子X(昭和〇年〇月〇日生)に遺贈する。
(土地の表示)
所  在
地  番
地  目
地  積

2 Xが遺言者の死亡以前に死亡した場合、又は遺贈を放棄した場合には、前項の土地については、遺言者の孫Y(平成〇年〇月〇日)に遺贈する。

 

2 相続させる旨の遺言の場合

相続させる旨の遺言については、民法上に規定はありませんが、判例上、原則としては代襲相続されないことになっています。

 

最判 平成23年2月22日

「当該『相続させる』旨の遺言に係る条項と遺言書の他の記載との関係、遺言書作成当時の事情及び遺言者の置かれていた状況などから、遺言者が、上記(当該遺言により遺産を相続させるものとされた推定相続人が遺言者の死亡以前に死亡)の場合には、当該推定相続人の代襲者その他の者に遺産を相続させる旨の意思を有していたとみるべき特段の事情のない限り、その効力を生ずることはないと解するのが相当である」

 

土地についての疑問この判例によれば、特段の事情があれば孫のYさんが土地を得られることにはなりますが、特段の事情が認められるかは不明確であり、難しいところです。

相続させる旨の遺言の場合も、遺贈と同じように次順位の者を定めておくことができます。

以下のような遺言条項が考えられます。

 

チェックリストのイラスト第1条 遺言者は、その所有する下記の土地を遺言者の子X(昭和〇年〇月〇日生)に相続させる。
(土地の表示)
所  在
地  番
地  目
地  積

2 万が一、遺言者より前に又は遺言者と同時にXが死亡していた場合、遺言者は前項記載の土地を遺言者の孫Y(平成〇年〇月〇日)に相続させる。

 

弁護士入野田智也イラスト遺言は、その文言によって発生する効果が異なりますし、将来のことなので将来起こることを予測して作成しなければ遺言者の意思の反映されない結果となってしまうこともあります。

遺言を書くということは将来の相続時の争いを避けるという重要な意味も持っています。

なるべく紛争が起きない、遺言者の意思を反映させた遺言にするために、弁護士に相談して適切な条項の遺言を作成しましょう。

当事務所では、相続に専門特化し、税にも精通した弁護士が、遺言について適切なアドバイスをいたします。お気軽に相談ください。

弁護士へのご相談はこちら「相談の流れ」からどうぞ

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]