相続人の預金使い込みが疑われる場合どうしたらいいですか?



 

泣く女性のイメージイラスト先日、母が他界しました。

母が生きていた時は兄が母の介護をしていたのですが、母の死亡後に調べてみたところ、母の預金が毎月たくさん引き出されていることが分かりました。
母は銀行に行ける状態ではなかったので、兄が引き出していたのだと思います。

母の預金を取り戻したいのですが、どうしたらよいですか。

 

請求はできる?

お兄さんが母親に無断で勝手に自分のために預金を引き出していたとすれば、

不法行為に基づく損害賠償請求または不当利得に基づく利得金返還請求をすることができます。

 

決めつけてはいけない

ただし、お兄さんが母親の介護をしていたとすれば、介護のお礼として母親からお兄さんへの贈与の可能性もありますし、引き出されていた額が毎月数万円ならば、お母さんの生活費や介護費用に充てていた可能性も十分に考えられます。
まずは、お兄さんが無断で預金を使い込んだと決めつけず、

⑴引き出したのは誰なのか
⑵引き出したのは母親の指示ではなかったか
⑶引き出されたお金は何に使われたのか

といった点を調べる必要があります。
また、仮にお兄さんが使い込んだ可能性が高いとしても、それを証明する証拠を集めることが必要になります。

 

証拠を集めておこう

 

では、どのような証拠を集めればよいのでしょうか。これは、場合分けして考えるのが分かりやすいと思います。

 

① 相続人であるお兄さんが引き出したことを認めなかった場合
② 引き出したことは認めたが、母親の介護等に用いていたと述べている場合
③ 引き出したことは認めたが、介護してくれたお礼に贈与を受けたと述べている場合
④ 引き出したことを認め、自分のために使ったと述べている場合

などが考えられ、場合によって対応を変えていくのがよいでしょう。

 

① 相続人であるお兄さんが引き出したことを認めなかった場合

解説する男性のイメージイラスト話し合いで解決するにしても裁判を見据えるにしても、相続人であるお兄さんが引き出したことを証明できる資料を確保しておく必要があります。
この場合、通帳やキャッシュカードを管理していたのはお兄さんであったことや、母親が引き出す可能性はなかったことなどを証明して、お兄さんが引き出したことを証明することになります。
例えば母親が認知症であったことやベッドから動けなかったことなどを証明できるカルテ等を病院に開示してもらって証拠資料を収集するようにしましょう。

 

②引き出したことは認めたが、母親の介護等に用いていたと述べている場合

解説する女性のイメージイラスト引き出されている額が介護等に用いた額として適正かが問題になります。

病院の入院費等の明細や、生活費としてどのくらいかかっていたかなどをしっかり押さえておきましょう。

 

③ 引き出したことは認めたが、介護してくれたお礼に贈与を受けたと述べている場合

解説する男性のイメージイラスト贈与する意思があったのかが問題となり、明確に書かれた手紙やメールのようなものがあればわかりやすいですが、そうでなくても、母親が「お兄さんには贈与するつもりはない」等との言動がなかったか思い出して、その日時や状況を書き留めるなどしておきましょう。
仮に、贈与だとすればその贈与が特別受益に当たる可能性も出てきます。

特別受益についてはこちらをごらんください。

 

④ 引き出したことを認め、自分のために使ったと述べている場合

悩む女性のイメージイラスト特に問題がないように思えます。

しかし、後から①から③のように言動を翻すことも考えられますので、金銭がしっかり返還されるまでは①から③の記述を参考に証拠を残しておきましょう。

 

 

また、どの場合であっても、預金が引き出されていたことは証明する必要があります。当該銀行に取引履歴の開示を請求し、取引経過をしっかりと証拠として手元に残しておくべきです。

 

不安な場合には専門家に相談しよう

相続早期に行動しないと、お兄さんが引き出したお金を使ってしまったり、隠匿してしまったりすることもあるかもしれません。
また、使い込んだかの判断や証拠の収集の判断は難しいと思いますので、もし不安があれば、早めに弁護士に相談することをおすすめします。

 

弁護士への相談についてはこちらをごらんください。

 

 

 

 

「相続」についてよくある相談Q&A