養子縁組を用いて法定相続人を増やすことはできないのですか?



悩む女性のイメージイラスト

法定相続人1人につき600万円の基礎控除があるなら、
養子縁組を用いて法定相続人を増やすことはできないのですか?

 

可能です。

しかし、それを無制限に許せば、多くの人と養子縁組をして相続税を免れることができることになるので、法律で制限をしています。

 

具体的には、被相続人に実子がいる場合には養子縁組による子によって増える基礎控除は1人分の600万円まで、被相続人に実子がいない場合でも2人分の1200万円までしか、基礎控除は増えないことになっています。

 

つまり、親族を養子にしたとしても、実子がいれば、1人分の600万円しか基礎控除は増えないのです。

説明する男性のイメージ画像

また、養子縁組を結ぶということは相続人となる人が増えるということです。

 

現段階では問題は生じていないとしても、養子になった人が相続分を主張するなどして、相続において争いが起きる可能性もあります。

そういったことも考慮して安易に養子縁組を結ぶことのないようにすべきでしょう。

 

なお、養子が増えることによって、法定相続人が一人増えることになりますから、超過累進課税である相続税において、基礎控除以外にも意味があることになります。

どういうことかといいますと、3億円の相続財産がある場合に、実子2人だけが相続した場合と、実子二人と養子1人が相続した場合を考えてみましょう。

 

実子2人だけが相続した場合

3億円から基礎控除を引いて2億5800万円が課税遺産総額になります。

各人の相続税の総額は1億2900万円×40%-1700万円=3460万円が二人となるので、6920万円が相続税となります。

 

 

実子2人と養子1人が相続した場合

3億円から基礎控除を引いて2億5200万円が課税遺産総額となります。

各人の相続税の総額は8400万円×30%-700万円=1820万円が三人となるので、5460万円が相続税となります。

 

 

つまり、相続人が一人増えることで、一人当たりの法定相続額が低くなるために、最終的な相続税も安くなるということなのです。

 

相続税の節税については、相続問題に詳しい弁護士にご相談ください。

ご相談の流れはこちら

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]
 

弁護士が教える!相続お悩み別解説