配偶者がすべて相続することにすれば簡単に節税できるのではないですか?



 

悩む男性のイメージイラスト配偶者に対する相続税額の軽減が1億6000万円もあると聞きました。

 

それなら、配偶者がすべて相続することにすれば簡単に節税できるのではないですか?

 

 

 

配偶者には最低でも1億6000万円については非課税となるので、この例では、遺産分割で配偶者に全遺産を相続させることにより、前回記事で説明した相続財産の評価額を減らす方法相続財産自体を減らす方法での節税策を必要とすることなく、相続税0となり、一見完璧な節税策のように思えます。

 

しかし、配偶者が死亡した場合には、子どもへの相続があり、その際には結局高額の相続税がかかることになってしまうため、トータルで見て節税になっていないことになりかねません。

被相続人が高齢で死亡した場合には、相続人である配偶者もその後それほど経たないうちに死亡することはよくあることです。

税のイメージ画像

 

つまり、相続人(配偶者)が死亡することで二次的な相続(配偶者から子ども)が生じることも考慮して、節税策を考える必要があるのです。

相続税の節税については、相続問題に詳しい弁護士にご相談ください。

ご相談の流れはこちら

 

 

参考:こちらの記事も合わせてごらんください。

相続税を少なくするための方法を教えてください

養子縁組を用いて法定相続人を増やすことはできないのですか?

教育資金の一括贈与の制度というものがあると聞いたのですが、節税になりますか?

 

 

「相続」についてよくある相談Q&A