内縁の妻は相続できますか?



事案

悩む女性のイメージイラスト私は、内縁の夫と20年ほど一緒に暮らしてきましたが、先日その夫が亡くなりました。
夫は資産家で、多数の不動産ももっていました。私も今後の生活のために遺産の一部を受け取りたいと思っていましたが、夫の子どもたちは、内縁の妻である私には相続する権利はないと言います。
しかし、入籍していないとはいえ、私は夫と20年も一緒に事実上夫婦として生活してきました。それでも、私には、内縁の夫の相続権は認められないのでしょうか。

 

解説する男性のイメージイラスト内縁の妻には、内縁の夫を相続する権利はありません。

相続に関して、民法で様々な規定が置かれています。そのなかで、相続人に関する規定もあります。
まず、被相続人と婚姻した配偶者が常に相続人となることが定められています。そのほか、被相続人の直系卑属(子や孫など)、直系卑属がいない場合は被相続人の直系尊属(両親など)、直系尊属がいない場合には被相続人の兄弟姉妹が相続人となる旨が定められています。

しかし、内縁の妻を相続人として認める規定は存在しません。

したがって、たとえ結婚式をあげていたとしても、どんなに長い間夫婦同然の生活をしていたとしても、婚姻していない以上、内縁の妻に内縁の夫を相続する権利はありません。

そのため、もし被相続人が内縁の妻に何らかの財産を残したいと思うのであれば、生前に財産を贈与しておくか、遺言により遺贈するなどの方法をとる必要があります。遺贈する場合は、被相続人の子どもたちには遺留分がありますので、遺留分に配慮した形での遺贈を検討する必要があります。

そのほか、生命保険金の受取人を内縁の妻としておくことで、内縁の妻に一定の財産を残す方法も考えられます。

老夫婦のイメージ画像なお、今回のケースでは、被相続人である夫には子どもがいますが、もし被相続人を相続する人が一人もいない場合、財産は原則として国庫に帰属することになります。しかし、内縁の妻が家庭裁判所で「特別縁故者」の手続をとることで、遺産の全部または一部を受け取ることができる可能性があります。

このように、婚姻していない夫婦間で財産を残すには、生前にきちんとした対策をとる必要があります。

事実婚のご夫婦で、相続に関するお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度、当事務所にご相談ください。

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]