特定の孫に遺産を遺したいのですが、何か方法はありますか?



特定の孫に遺産を遺したいという場合には、その孫と養子縁組をするという方法が考えられます。

 

悩む夫婦のイメージイラスト被相続人が可愛がっている孫に直接遺産を遺したいというケースは少なくありません。

また、単に可愛がっているからというだけでなく、被相続人の子に浪費壁がある等の理由で、被相続人の子を孫が相続する場合にはほとんど孫が取得できる財産はないのではないかと考えられている方もいらっしゃいます。

 

しかしながら、孫が祖父母の直接的な相続人となるのは、祖父母が亡くなる前に被相続人の子(孫の親)が亡くなっている場合に限られます(代襲相続する場合)。

そのため、被相続人が孫に直接遺産を遺したいという場合には、その孫と養子縁組等の手続きをすることで、孫に養子としての相続人の地位を与えることが可能です。

 

そして、孫と養子縁組をしているにもかかわらず、代襲相続も生じるということも考えられますが、その場合には、孫は、養子としての相続分だけでなく代襲相続人としての相続分も取得することが出来るとされています。

 

また、孫に財産を渡したいという点からは、必ずしも孫と養子縁組をして孫を相続人としなければならないというわけではなく、贈与者が死亡することを条件として効力が生じる贈与契約(いわゆる死因贈与)を締結するという方法も考えられます。

 

 

おじいちゃんと孫の画像さらに、遺言によって財産の全部又は一部を無償で譲渡するという遺贈という方法も考えられます。

 

以上のように、孫に財産を残したいという場合にとり得る手段は様々であり、具体的事情によってどのような方法を選択するかの判断が必要となります。

そのため、孫に財産を残したいけどどうしたらいいかわからないという方は、是非一度専門家である弁護士にご相談ください。

 

養子縁組と相続との関係について、こちらも合わせてごらんください。

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]