相続した不動産の名義が先代の名義のままだったのですが、どうすればよいですか?



answer

解説する女性のイメージイラストAさんの父親が亡くなり、AさんとAさんの兄のBさんが相続人となりました。

しかし、父親の遺産である不動産について相続登記がなされないままBさんは亡くなってしまいました。
Bさんの相続人は、Bさんの妻であるCさんのみであり、不動産はCさんに取得してもらうことになりました。このような場合に、不動産の相続はどのようにすればよいのでしょうか。

 

まず、父の死亡によって開始した相続(第1の相続)について遺産分割協議をし、その後Bさんの死亡によって開始した相続(第2の相続)について遺産分割協議をすることになりますが、両者を一緒に行うことも可能です。

 

登記実務において、既に開始した相続による登記が未了の間にその相続人が死亡して第2の相続が開始した場合を、数次相続と呼びます。

 

数次相続の場合、まずは、第1の相続について遺産分割協議をして相続財産の帰属を確定した後、第2の相続について遺産分割協議をし、第1の相続によって承継した相続財産についての帰属を決定するのが原則となります。

しかしながら、第1の相続人と第2の相続人の合意が得られるのであれば、2つの遺産分割協議を同時に行い、現在の登記名義人から(本事案ではAさんの父)から、第2の相続の相続人(本事案ではCさん)への遺産相続をさせることも可能です。

ただし、この場合には、第1の相続の相続人の全員と第2の相続の相続人の全員が遺産分割協議に参加していることが必要です。

 

そして、数次相続の遺産分割協議を一括して行う場合には、1通の遺産分割協議書に第1の相続についての協議事項と第2の相続についての協議事項をまとめて記載することができます。

 

弁護士小野佳奈子のイメージ画像本事案は、遺産分割の内容について争いのない事案であり、遺産分割の方法のみを考えればよいケースでしたが、数次相続の場合には、相続人が多数になることが多く、遺産分割の内容について争いがあることも少なくありません。

 

少しでも早く適切な解決をするために、遺産分割についてお悩みがある方は、是非一度専門家である弁護士にご相談ください。

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]
 

弁護士が教える!相続お悩み別解説