遺産である不動産から賃料を得た場合はどのように分配されますか?



answer
解説する男性のイメージイラスト遺産である不動産から得た賃料については、相続開始に既に発生している賃料については遺産となるため遺産分割の対象となりますが、相続開始に発生した賃料についてはどのように扱うかが問題となります。

ここで、前提として、相続開始後に発生する遺産不動産の賃料については、遺産とは別個の共同相続人間の共有財産であり、各共同相続人がその相続分に応じて分割単独債権として確定的に取得し、後にされた遺産分割の影響を受けないものとされています(最一小判平成17年9月8日、民集59巻7号1931頁)。

そのため、相続開始後に発生した遺産不動産の賃料については、原則として、遺産分割の対象とはならず、それぞれの相続分に応じた分配がされることになります。

 

しかしながら、相続開始後に発生した遺産不動産の賃料についても遺産分割の中で全て解決する方が当事者の利益に適っていることや、遺産の総合的かつ合目的的分割という遺産分割制度の趣旨からも、当事者全員が相続開始後の遺産不動産の賃料についても遺産分割の対象とする旨合意した場合には、遺産不動産の賃料も遺産分割の対象に含むことが出来るとされており(東京高決昭和63年1月14日)、実務上もそのような運用がされています。

不動産のイメージ画像

 

したがって、相続開始後に発生した遺産不動産の賃料については、当然に遺産分割の対象とはならないため、相続人の1人が全ての賃料収入を取得して他の相続人に分配しない等の争いがある場合には不当利得返還請求等の民事訴訟手続をとる必要がありますが、相続人間全員において遺産分割の対象とする旨の合意が出来ている場合には、遺産分割の手続の中で分配問題についての解決を図ることになります。

 

以上のように、遺産分割においては、状況によってとるべき手続の判断が必要になってくるため、遺産分割につきご不安な点がある方は是非一度専門家である弁護士にご相談することをお勧め致します。

 

なお、遺産不動産について支出した費用がある場合についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

「相続」についてよくある相談Q&A