法定単純承認について教えてください。



悩む男性のイラスト兄が亡くなりました。

兄には配偶者も子どももいなかったため、私が受取人として指定されていた保険金を受け取り、葬儀を執り行いました。

しかし、その後に兄には借金が多額にあることが判明し、相続放棄をすることにしました。

ただ、生命保険金は相続税法上みなし相続財産と呼ばれていると聞き、生命保険金を用いたことで相続放棄ができないのではないかと心配です。相続放棄はできますか?

また、兄に可愛がってもらっていた私の息子が、兄の死後、兄の残した預貯金を勝手に引き出して、使っていることがわかりました。このことは、私の相続放棄に影響するでしょうか。

 

どちらの場合であっても、相続放棄は可能です。

相続問題専門の弁護士が解説いたします。

 

 

相続放棄できない場合とは?

 

弁護士入野田智也のイラスト相続放棄は、「自己のために相続の開始があったことを知った時」から3か月以内であればできると民法上規定されていますが、単純承認をした場合には、相続放棄ができなくなります。


単純承認は、相続放棄や限定承認と異なり、法律上、方式の定めがないので、家庭裁判所に申述を申し立てる等の手続きは不要とされています。

 

 

法定単純承認

 

単純承認には、法定単純承認といわれるものがあります。以下のような場合、法律上、単純承認をしたとみなされることになります。

 


カレンダー① 相続財産の処分をしたとき

② 相続放棄できる期間に相続放棄をしなかったとき

③ 限定承認・放棄後の背信的行為

 

②は最も多い事由であり、相続放棄をするつもりのない多くの人が、相続放棄できる期間に相続放棄をせず、法定単純承認をしているといえます。

 

 

相続財産の処分をしたときの解釈

 

生命保険金は相続財産に含まれる?

 

ポイントのマーク法定単純承認の「相続財産の処分をしたとき」に該当するかですが、まず、生命保険金が相続財産なのかが問題となります。

亡くなった方の名義の預金や不動産は当然相続財産ですが、亡くなった方が契約者として契約していた生命保険で、受取人が家族の誰かを指定している場合の生命保険金は相続財産でしょうか?

 

相続税法上では、保険金は相続財産とみなして計算をしますが、これは税法上の扱いであって、相続においては、受取人として指定されている人が受け取った生命保険金は相続財産ではないとされています。

通帳と印鑑とお金そのため、生命保険金を受け取って、その金銭を使用したとしても法定単純承認とはならず、相続放棄ができます。

また、相続放棄をしたとしても、生命保険金を受け取る権利はなくなりません。

もっとも、受取人が「相続人」とされている場合には、相続財産と考えられますので、注意が必要です。

 

相続人以外は相続財産を処分した場合

 

悩む母のイラスト法定単純承認は、相続人が相続財産を処分したことにより、承認したものと擬制するものですから、相続人自身が法定単純承認に該当する行為をした場合に限ります。

そのため、相続人の子どもであっても、相続人以外の行った行為が「相続財産の処分をしたとき」に該当することはありません。

 

 

弁護士にご相談ください

 

相談する女性のイラスト相続人の行為が法定単純承認の行為に該当し、相続放棄ができなくなるかどうかについては、そもそもその物が相続財産なのか、その行為を行ったのが相続人自身なのかを判断する必要があります。

法定単純承認については、専門的に扱っていないと難しい判断ですから、一度弁護士に相談されることをおすすめします。

当事務所では、相続に特化した弁護士が相談に応じますので、一度気軽にご相談ください。

 

「相続放棄」についてよくある相談Q&A