不倫相手に遺産を遺せますか?



answer解説する男性のイメージイラスト不倫相手に遺産を遺せるかは、具体的な事例によって異なります。

 

まず、不倫相手に遺産を遺すためには、不倫相手に遺贈をする必要があります。

遺贈とは、被相続人が遺言によって、無償で自己の財産を他人に与える処分行為であり、特定遺贈と包括遺贈とがあります。

 

男女のイメージ画像では、不倫相手に遺産を遺贈することに問題はないのでしょうか。

この点、不倫相手への遺贈も法律行為であり、公序良俗に反する遺贈は無効とされるおそれがあります(民法90条)。

 

具体的には、婚姻関係が破綻する原因となった女性に対する全財産の包括遺贈は公序良俗に反し、無効とされた判例があります(東京地判昭和63年11月14日)。

 

しかしながら、遺言者が不倫相手に遺産の3分の1を包括遺贈した事案において、遺言者と不倫相手との生活状況や交際期間の長短、遺言者夫婦の婚姻関係の破綻の程度、遺贈の割合等を総合的に考慮して、遺言内容が不倫関係の継続を目的とするものではなく、もっぱら生計を遺言者に頼っていた不倫相手の生活を保全するためになされたものであり、また遺言内容が相続人らの生活の基盤を脅かすものとはいえないとして、遺言が公序良俗に反し無効であるとはいえない旨判示した判決もあります(最判昭和61年11月20日)。

 

弁護士橋本誠太郎画像以上から、不倫相手に対し、遺産を遺贈する場合には、不倫相手との交際期間の長短、遺言者夫婦の婚姻関係が事実上破綻しているかどうか、遺言者が配偶者や子の生活にどの程度配慮しているか、遺贈の目的が不倫相手の生活を保全するためかどうか等を考慮する必要があります。

 

また、不倫相手に包括遺贈をした場合には、相続人と事実上紛争が生じるおそれが高いので特定遺贈の方法をとる等の工夫も必要となります。

 

以上のように、不倫相手に遺産を遺す場合には、後日遺言が無効にならないよう注意が必要であるため、ご不安な点がある方は是非一度専門家である弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

 

 

 

 

 

「相続」についてよくある相談Q&A