身寄りのない知人の財産からお葬式の費用を回収しても問題ありませんか?



answer砂時計

身寄りのない知人がいた場合、その知人のためにお葬式をしてあげたいと思うのは至極当然のことだと思います。

そして、そのお葬式は故人のためのものですし、故人を相続する人もいないのですから、故人の財産からお葬式の費用を支出することについては一見問題がないとも考えられます。

 

しかしながら、たとえお葬式が故人のためのものであっても、故人の財産から勝手にお葬式の費用を支出することはできません。

 

相続人のない財産から葬儀費用等の支払いを受けたい場合には、相続財産管理人選任の審判の申立てをしなければなりません。

 

そして、相続財産管理人が選任されると、相続財産管理人に対して、葬儀費用等の支払いの請求をすることが可能となります。

 

葬儀費用に関しては、これを誰が負担すべきかについては諸説ありますが、社会的に相当と考えられる葬儀費用については相続債務として相続財産から支払われるべきものであると考えられています。

 

寝込む男性のイメージイラスト

そのため、相続財産管理人は、葬儀費用を立て替えた者から請求があれば、相続財産より葬儀費用の支払いをすることができるのです。

 

もっとも、一口に葬儀費用といってもその内容は千差万別であり、例えば告別式の飲食代として極めて高額な費用を請求する場合等については、

社会的に相当な葬儀費用を超えるものとして相続財産から費用の返還を受けられない可能性もあるので注意が必要です。

 

 

相続人がいない人が亡くなった場合に発生する問題は本件のような場合に限られません。

 

例えば、故人にお金を貸しておりまだ返済を受けていない場合が考えられますが、このような場合でも、故人に対して金銭の返還請求ができるからといって勝手に個人の財産から返済を受けてはいけません。
以上のように、相続人がいない人が亡くなった場合、その故人との関係を清算するには注意が必要であるため、そのようなお悩みがある方は是非一度専門家である弁護士にご相談することをお勧め致します。

 

故人に部屋を貸していたという方はこちらをご覧ください

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]
 

弁護士が教える!相続お悩み別解説