遺骨は誰のものですか?



answer

老夫婦のイメージ画像動産や不動産であれば、所有権というものがあり、誰のものであるかが明確になります。

遺骨も、限定的ではありますが、所有権の対象となると考えられています。

そうすると、亡くなった人の土地建物や預貯金のように、遺骨も遺産の一部を構成し、遺産分割の対象になるのではないかと思われるかもしれません。

しかし、遺骨を単純に遺産の一部と考えることはできません。

なぜなら、遺骨は亡くなった人の持ち物とは性質を異にするからです。

 

しかし、民法には遺骨について定めた条文はありません。

そこで、相続の性質から、遺骨を考えてみる必要があります。

そもそも、相続とは、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継することをいいます。

もっとも、お墓や位牌などの祭祀財産は、その対象から除かれています。

その理由は、お墓や位牌などの祭祀財産まで相続人に分配されてしまうと、のちのち亡くなった人の祭祀を行うことが困難になってしまうからです。

そこで、これらの祭祀財産は、慣習に従い祭祀を主宰する者が承継するとされています。

遺骨も、たくさんの人に分けられてしまうと、のちのち祭祀を執り行うことが難しくなるという意味では、祭祀財産と同様に考えることができます。

そこで、遺骨に関しても、慣習に従い祭祀を主宰する者が承継すると考えるのが妥当といえます。

 

弁護士宮﨑晃の画像したがって、遺骨が誰のものであるかは、その時々の事情に応じ、慣習に従って判断することになります。

遺骨をめぐっては、亡くなった人の両親と、亡くなった人の配偶者(夫や妻)がいずれも引き取りを希望して争うことがままあります。

いずれの思いもわかるところではありますが、この場合は、日本の慣習に従うと、その配偶者が遺骨を弔い、さらに子孫に受け継がれていくと考えるのが一般的でしょうから、配偶者が遺骨を引き取ることができると考えられます。

 

このように、遺骨は、一般的な遺産とはその性質を大きく異にするため、だれが遺骨を引き取る権利を有するかを判断するのは非常に難しい問題です。

遺骨をめぐる争いに巻き込まれ、お困りの方は、ぜひ一度、相続専門の弁護士にご相談されることをおすすめします。

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]