養子縁組を考えています。相続の場面での影響は?



answer

解説する男性のイメージイラスト養子縁組には、普通養子縁組特別養子縁組の2種類があります。

どちらの縁組にするかによって、相続の場面では大きく異なります。

ここで、Aさん夫妻の子Xちゃんを、Bさん夫妻が養子縁組するケースについて考えてみます。

 

① 普通養子縁組を行う場合

普通養子縁組の解説イラスト普通養子縁組は、養子縁組を成立させる旨の意思があり、縁組の届を役場に提出し、これが受理されれば成立します。

今回のケースでは、養子となったXちゃんは、Bさん夫妻の実子と同じ立場に法律上立つことになります。

もっとも、普通養子縁組をしても、Xちゃんは、Aさん夫妻との関係が切れることは法律上ありません。つまり、Xちゃんには、Aさん夫妻とBさん夫妻の両方の親子関係が併存している状態になります。

この場合、Xちゃんは、養親であるBさん夫妻の相続人としての地位をもっていることはもちろんのこと、実親であるAさん夫妻の相続人としての地位も失っていません。

 

② 特別養子縁組を行う場合

特別養子縁組の解説イラスト特別養子縁組は、養親となる者が家庭裁判所に請求し、裁判所が「子の利益のために特に必要がある」と判断した場合に、審判により実父母との親族関係を終了させて養親との縁組を成立させる手続です。虐待があった場合や、経済的に困窮している場合などに用いられることがあります。

特別養子縁組は、実父母との関係を終わらせる非常に強い効力を持つ手続ですので、養子となる子や養親となる者に年齢制限があったり、養親は父母ともそろっていなければならないとされていたりと、厳しい条件が課されています。

XちゃんがBさん夫妻と養子縁組を行うと、XちゃんとAさん夫妻の親子関係は法的には終了することになります。したがって、Xちゃんは、Bさん夫妻の相続人としての地位は有しますが、Aさん夫妻の相続人としての地位は一般的には失うことになります。

このように、普通養子縁組と特別養子縁組のいずれを選択するかにより、相続の場面では大きな違いが出てきます。

これ以外の場面でも、相続人のなかに養子縁組を行った者がいる場合は、特別な考え方が必要な場合があります。

相続と養子縁組の関係でお悩みの方は、ぜひ一度、相続専門の弁護士にご相談されることをおすすめします。

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]