相続放棄にデメリットはありますか?



answer

相続について悩むイメージイラスト相続が発生すると、相続人は、相続を承認するか、それとも放棄するか、法律上2つの選択を迫られます。

プラスの財産よりマイナスの財産が多いなどの事情がある場合には、相続放棄の選択肢をとることもしばしばです。

もっとも、相続放棄により発生する法律上の効果は、亡くなった人の借金を受け継がなくて済むというものだけではありません。

相続放棄しなければよかったと後悔しないためにも、その法律上の効果についてはあらかじめ正しく認識しておく必要があります。

 

① 相続放棄をすると、後順位の相続人が相続を引き継ぐ

解説する男性のイメージイラスト相続には順位がありますので、ある者が相続放棄をすると、次の順位の者に相続の順番が回ることになります。たとえば、被相続人の妻と子が相続放棄したため、被相続人の両親が相続を引き継ぐケースがあります。また、両親も続けて相続放棄をしたため、被相続人の兄弟姉妹が相続を引き継ぐケースもあります。

そうすると、借金を引き継がないために相続放棄をした結果、自分の家族が新たに相続人として借金を引き継ぐことになってしまう事態が発生します。

そのような事態を避けるため、特に借金が多いために相続放棄を選択する場合は、後順位の相続人を含め、相続人全員で相続放棄をする必要があります。

 

② 相続放棄をすると、マイナスの財産だけでなく、プラスの財産も相続できない

解説する男性のイメージイラスト相続放棄は、借金だけに限定して行うことができません。

被相続人がプラスの財産を残している場合には、そのプラスの財産を含めて相続放棄をしなければならなくなります。

したがって相続放棄をする場合には、このプラスの財産を含めて放棄してよいか、慎重に判断する必要があります。

なお、どうしても相続したい財産がある場合、限定承認をするという選択肢をとることも考えられます。

限定承認について、詳しくはこちらをご覧ください。

 

③ ひとたび相続放棄をすると、撤回することができない

解説する男性のイメージイラスト相続放棄は原則として撤回することができないと法律上定められています。

したがって、相続放棄をした後に被相続人の財産が新たに見つかり、やはり相続放棄を取り消したいと思っても、これを覆すことはできません。

そのため、相続放棄をする前に、被相続人の財産を今一度確認し、見落としているものがないかどうか調べておく必要があります。

借金を引き継がなくて済むとの側面が注目されがちな相続放棄の手続ですが、決してプラスの面だけでなくマイナスの側面も存在します。

多くの関係者に大きな影響をもたらす法律手続である以上、相続放棄を行うかどうかはあらゆる側面を理解したうえで慎重に行う必要があります。

相続放棄を行うかどうかについてお迷いの方は、ぜひ一度、当事務所にご相談ください。

 

 

「相続放棄」についてよくある相談Q&A