相続放棄をした後、死亡生命保険金を受け取ることはできますか?



answer

解説する男性のイメージイラスト受け取ることは可能です。

相続放棄は、プラス、マイナスの両方の相続財産をすべて放棄する手続です。

したがって、生命保険金が相続財産に含まれるのであれば、相続放棄により生命保険金も放棄されてしまいます。

 

しかし、生命保険金は、相続財産にはならないと通常考えられています。

したがって、たとえば、夫が妻を受取人として生命保険金をかけていた場合、夫が死亡した後妻が相続放棄をしたとしても、妻は生命保険金を受け取ることができます。

 

保険金受取人を「相続人」とのみ指定していた場合

受取人を「相続人」とのみ指定していた場合は、死亡生命保険金請求権が発生した当時の相続人が、生命保険金を請求することができます。相続人が複数いる場合は、特段の事情がない限り、その相続分に従って、請求権を有することになります。

 

保険金受取人を「被相続人」としていた場合は注意が必要

ただし、保険金受取人を被相続人自身としていた場合は、相続財産の一部とされてしまいます。この場合は、相続放棄により死亡生命保険金も放棄されてしまいますので、相続人は生命保険金を受け取ることはできません。

 

死亡退職金や遺族年金なども、相続財産にはならないと考えられています。

年金のイメージ画像生命保険金と同様に、死亡退職金や遺族年金なども、相続放棄により受け取ることができなくなってしまうのではないかが問題になります。

しかし、これも生命保険金と同様、通常は相続財産にはならないと考えられているため、相続放棄をしたとしても受け取ることが可能です。

もっとも、死亡退職金について、通常は支給規定に基づき支給されるものですが、これが支給規定がない場面で支給された場合は、相続財産とみなす裁判例もあります。

したがって、死亡退職金については、支給規定の有無について確認する必要があります。

相続放棄をすると、お金を何一つ受け取ることができなくなると思われがちですが、実際はその権利の性質により、相続放棄の範囲に含まれないものもあります。

相続放棄にまつわるお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度相続専門の弁護士の相談されることをおすすめします。

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]