相続放棄後、遺産を仮差押えされた場合どうしたらいいですか?



answer

解説する男性のイメージイラスト先日、私の父が亡くなりました。父の相続人は、私と兄の2人です。

父は、自宅である土地と建物を残して亡くなりましたが、実家は兄が引き継ぐことになり、私は相続放棄の手続を行いました。

他方で、私は消費者金融からお金を借りており、返済が遅れていたのですが、このたびこの消費者金融が私の父が亡くなったことを知ったようで、実家を仮差押えしてしまいました。

すでに私は相続放棄をしておりますので、債権者は仮差押えをできないと思いますが、私はこの仮差押えにどう対応すればよいでしょうか。

今回、おそらくあなたやお兄さんが、あなたが相続放棄の手続をした後も登記手続を行わなかったため、このような事態に陥ってしまったのだと考えられます。
つまり、債権者は、あなたに対してお金を返してもらう権利を持っていますので、それを保全するという理由から、相続登記を代位申請し、あなたの持分部分について仮差押えをしたのでしょう。

実際、債権者が、あなたが相続放棄したことを知っていたのかどうかはわからないところです。
しかし、あなたとしては、あなたが速やかに登記をしていなかったことで債権者が相続放棄の事実を知らなかったという言い分が通ってしまうのではないかと不安に思うかもしれませんが、その心配はありません。
相続放棄の事実を債権者に対抗するにあたり、登記は必要ないと考えられているからです。
家族会議のイメージ画像
したがって、あなたは、相続放棄の登記なくして、債権者に対して、あなたが相続放棄の手続をすでに行っていること、すなわち、最初から相続人でなかったのだと主張することが可能です。

そのためには、あなたのお兄さんが、債権者が代位申請した登記の更正登記手続を行う必要があります。その際には、債権者から承諾を得る必要があります。
仮に、お兄さんが更正登記手続を進めるにあたり、債権者が承諾書を提出しないのであれば、あなたのお兄さんは、この承諾を求めて債権者に対し、訴訟提起をする必要があります。

このように、相続放棄後、債権者から差し押さえなどを受けてお困りの方は、速やかに、相続専門の弁護士にご相談されることをおすすめします。

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]
 

弁護士が教える!相続お悩み別解説